用途・予算別で選ぶ ギフトのマナーを学ぶ

ギフトストア

法要・香典返し

押さえておきたいポイント

何を贈ったらいいの?
お香典などの「不祝儀」へのお返しですので、後に残らない “消え物” がよいとされます。
「食べたらなくなる」食べ物や飲み物、「使 えばなくなる」日用品がよく選ばれます。
いつ贈ればいいの?
弔事を終えた報告でもあるので、「忌が明 けた」後に贈ることが一般的。宗教や宗派によって異なるものの、おおよそ亡くなられた日から 30日~50日後が「忌明け」となります。
金額はどれくらい?
香典返しの相場は「半返し」。いただいたご金額の半分程度を返すのが一般的です。ただ、近年は家族葬・直葬など、葬儀の形態もさまざま。家族・親戚に相談し、確認しておく方が良いでしょう。

おすすめカタログギフト

お贈りするお相手やシーンによって選び方が異なる香典返し。
幅広いラインアップから選べるカタログギフトは、選ばれやすい定番です。

贈る相手別 おすすめ定番商品

御身内の方へ

お香典の金額が高額になることも少なくないのがご親族様。
香典返しの相場は半返しと言われていますが、多額な場合は3分の1~4分の1程度でも問題はありません。

会社関係の方へ

会社名義の香典返しは不要なケースも多いようですが、小分けできるお菓子も人気。
個人で頂いた場合には半返しがおすすめです。

お見舞いやお手伝いくださった方へ

生前のお見舞や、忌中見舞い、お花やお供物へのお返しの相場は3分の1~半返しが一般的。
また、ご葬儀の際にお手伝いただいた方にはお香典返しとは別でご用意しましょう。

遠方の方へ

お香典とお焼香だけということも多い、遠方やお年寄りの方など、
ふるまいが十分にできなかった時には「おもてなし」を。

ページの先頭へ戻る