ギフトストア

慶事、出産祝い、結婚祝い、弔事、カタログギフトまで

栄転・昇進内祝いとは|ギフト通販なら郵便局のギフトストア

栄転・昇進祝いとは

人は仕事をしようとするとき、何かしらの明確な目標がなければパフォーマンスがあがりません。地位や肩書とともに給料もあがるとなれば、目標の大きな指針として出世を念頭に置くのがサラリーマンの常と言えるでしょう。さて、このような出世のシステムの中で栄転という言葉があります。類似した言葉に異動や転勤というものがありますが、意味合いが違います。異動や転勤は役職が変わらず、待遇も基本的には現状維持のままで違う部署に移ったり、支社へ転勤することをいいます。一方で栄転は出世であることを明確とし、役職が上がったり給料が上がったりすることを伴う異動の人事判断となります。より大きな責任を追うことになる役職に上がる際に、それまでの仕事よりも幅広い目線で仕事ができるよう与えられる辞令です。栄転や昇進が決まれば、上司、部下からの栄転・昇進祝いを頂くこともあるでしょう。それに対してお返しとして送る贈り物のことを栄転・昇進内祝いと呼んでいます。

内祝いの品

栄転・昇進内祝いは必要?

先ほどご説明した増した通り、栄転・昇進祝いをいただいた方へのお返しとして、「栄転・昇進内祝い」があります。ただ、栄転・昇進内祝を行うかどうかは、実は個人の判断によって分かれる傾向にあります。基本的には、必要ないと思われている方も多いようです。ただ、自身の昇進や栄転を祝ってくれた方々へはどのような形で感謝をつたえられるでしょうか。やはりその気持ちを言葉とともに栄転・昇進内祝いを行うことでより気持ちも伝わるようになるかと思います。お互いの関係性を考えると、やはり栄転・昇進内祝いは必要と考えておくと無難でしょう。栄転・昇進内祝いと言っても、何か高額なプレゼントを行う必要があるというわけではありません。金額の目安としては、いただいた金額の半額程度を目安に選ぶと良いでしょう。また、どうしてもプレゼントなどが難しい場合は、御礼状などをお渡しするだけでも良いでしょう。御礼状をお渡しするタイミングとしては、栄転・昇進後から1週間から2週間程度たったころがおすすめです。あまり早いと気を使われたと相手の方に感じさせてしまう恐れがありますし、また遅すぎる場合は普通に失礼にあたりますよね。栄転・昇進内祝いで物を送らない場合は、必ずお礼状だけは忘れないようにしましょう。送る際は送るタイミングと書き方に気を付けることと、きちんと言葉でも御伝えすることが大切です。ご説明した通り栄転・昇進内祝いで何か物をお返しされる方は基本的にいないですし、お返しがあると思っていらっしゃる方も少ないのは事実ですが、贈るのであればマナーを確認し、失礼の無いよう感謝の気持ちを表しましょう。

感謝のカード付き内祝い

栄転・昇進祝いのギフトの選び方について教えて!

栄転・昇進祝いのギフト選びは、送る相手方との関係性により多少変わってくるので、選び方に悩まれている方も多いのではないでしょうか。一般的に贈られることの多いギフトはやはりお花のようです。ただ、お花の中でも意味を気にされる方やもらった後の手入れが気になるという方もいらっしゃるので、無難なお花でいうと胡蝶蘭となります。胡蝶蘭であれば匂いもそこまで強くなく、手入れもそこまで手間がかからないのでおすすめです。もし栄転・昇進祝いでギフトをお贈りする相手の方の趣味や好みを分かっていらっしゃる場合は、その方の趣味に合わせるのが良いですね。お酒が好きな方にはブランデーやワイン。日本酒も良いでしょう。よく旅行へ行かれている方なのであれば旅行券を挙げられる方も多いようです。ただ、先ほど記述したようにお贈りする相手と方との関係で注意が必要な場合もあります。もしお贈りする相手が自分よりも目上の方なのであれば、靴や下着などは避けましょう。

画像はイメージです。