2017年 郵便局のネットショップ クリスマス特集は終了いたしました。

ホーム > クリスマス2017年

クリスマス

クリスマスを盛り上げる商品をご紹介!クリスマスツリーやリース、クリスマスパーティーにおすすめのケーキやグルメ、大人向けコフレやおすすめクリスマスギフトなどなど。年に一度の聖なる夜の準備は、郵便局のネットショップをご利用ください。

お申込み期間お届け期間ご利用にあたっては、商品ページの注意事項を必ずお読みください。

カタログをお持ちの方

クリスマスカード

スタッフ一押し

クリスマスプチ24本詰合せ

クリスマス
プチ24本詰合せ

2,480円

(送料・消費税込み)

メリーチョコレートクリスマスファンシーチョコレート

メリーチョコレート
クリスマスファンシーチョコレート

2,400円

(送料・消費税込み)

丸ごとローストチキン

丸ごと
ローストチキン

2,980円

(送料・消費税込み)

クリスマスケーキ・お菓子詰め合わせ おすすめ商品

赤い苺の
ハッピークリスマス

4,150円

(送料・消費税込み)

クリスマスティラミスタルト

クリスマス
ティラミスタルト

2,800円

(送料・消費税込み)

クリスマスハウスお菓子セット

クリスマスハウス
お菓子セット

2,200円

(送料・消費税込み)

グリコクリスマスお菓子BOX

グリコクリスマス
お菓子BOX

2,800円

(送料・消費税込み)

キョロちゃんクリスマスアソートBOX

キョロちゃん
クリスマスアソートBOX

2,500円

(送料・消費税込み)

クリスマス気分を盛り上げる商品

ドライフラワークリスマスリース

ドライフラワー
「クリスマスリース」

3,600円

(送料・消費税込み)

クリスマスパーティーセット

クリスマス
パーティーセット

3,000円

(送料・消費税込み)

ディズニーカタログギフトセレクションスマイル

ディズニーカタログギフトセレクション
スマイル

3,888円

(送料・消費税込み)

バイヤーおすすめ

「ヴァンデンダー ロイヤルクリスマスケーキ(3,750円)」

「ヴァンデンダー ロイヤルクリスマスケーキ(3,750円)」

直径12cmと今回のクリスマス特集の中では最小サイズにもかかわらず、
価格は3,750円と高めなので、正直、コスパが良いとは言えません。

それでも、採用したのは、クリスマス特集にエントリーされたケーキ系の中では、
頭一つ抜けたクオリティだったからです。

さすが、ベルギーの王室ご用達のショコラティエ「ヴァンデンダー」のケーキだけ
あって、濃厚なのに上品で、種類の違うチョコのマリアージュとバニラクリーム
ブリュレの組み合わせがスイーツ好きな方々にも納得のいただける一品となっています。

クリスマスなので、思い切って贅沢してみてはというコンセプトの商品です。

「ローラアシュレイ ビューティ ハンド&保湿RL(3,800円)」

最近、女性の間で流行っている「コフレ=ポーチなどに入ったコスメのミニセット」
のクリスマス版バージョンです。

イギリスの老舗ブランド「ローラアシュレイ」の2017年冬限定モデルなので、
贈り先の対象年齢は「大人になった女子たち」(高校生以上)のイメージですが、
母親にプレゼントして、ちゃっかり自分も兼用で使うのもアリかも知れません。

もちろん、使い心地もベタベタしないのにしっとり保湿感があって伸びもいい感じ
ですが、採用の決め手は「香り」です。

「ローズ」「ピオニー」「ウッドランド」の3種の香りがセットになった
ハンドクリームと新作の香りの保湿クリームが1種類セットになっています。
中でも、私のオススメは女性らしい優しい香りの「ラズベリーリーフ」です。

「ローラアシュレイ ビューティ ハンド&保湿RL(3,800円)」

「東ハト クリスマスお菓子BOX(2,500円)」

「東ハト クリスマスお菓子BOX(2,500円)」

東ハトのキャラメルコーンといえば、誰もが子供の頃に一度は食べたことがある
幼少の頃を思い出す懐かしい定番のスナック菓子ではないでしょうか。

今回、東ハトの商品を採用した決め手は、シンプルに心の中に広がったその懐かしさです。

キャラメルコーン、ポテコ、ハバネロ、ビーノなどの東ハト定番のお菓子は、
普段から目にしてる気がしますが、実際に探してみると、意外と近所のコンビニや
小売店でラインナップをそろえるのは難しかったりします。

クリスマスの夜に懐かしのお菓子で盛り上がろうというのが商品コンセプトです。

クリスマスはいつから(歴史、概要)

 クリスマスがイエス・キリストの誕生日というのは有名です。遡ること約2000年前、ベツレヘムの馬小屋でイエス・キリストが生まれた誕生日を祝う「キリストの降誕祭」がクリスマスの始まりです。実際は、イエス・キリストの誕生日の正確な記録は残っていないのですが、12月25日に祝われる風習が続き、4世紀に12月25日がキリストの降誕祭として正式に確立したそうです。

また、ローマでは古くから太陽を信仰しており、ローマ皇帝アウレリアヌスが12月25日を太陽神の誕生日と定めました。イエス・キリストは正義の太陽と呼ばれていたこともあり、カトリックの教会ではローマの太陽神の誕生日である12月25日をイエス・キリストが誕生した日として祝うと定めたそうです。日本では、明治20年頃からクリスマスカードをはじめとしたクリスマス用品が輸入され始め、徐々に一般家庭に広まっていきました。明治35年頃には今のクリスマスと同様に、贈り物をするなど行事として定着していたといいます。

クリスマス

クリスマスプレゼントの相場

 クリスマスプレゼントの相場は、贈る相手や年齢層によっても変わってきます。そのため、まず世代を問わずに男女別の平均額を調べてみました。男性の場合は18,000円程度、女性の場合は16,000円程度と、若干男性の方が高いですが、ほぼ変わらない相場となっています。反対に、相手からもらうプレゼントの期待額は、男性が16,000円程度、女性が19,000円程度となっており、男女でもらえるプレゼントの期待値に差がある事がわかります。

社会人だけの相場だと、15,000円から50,000円あたりの価格帯が選ばれることが多く、最もプレゼントにお金をかけるのは、独身の多い20代となっています。20代がプレゼントの平均金額を押し上げている事を考えると、社会人のプレゼントの相場は10,000円〜20,000円程度が一般的と考えるのが妥当でしょう。
大学生同士でプレゼントを贈る場合は、平均7,000円から12,000円あたりが相場と言われています。高校生以下となるともう少し下がりますが、クリスマスは1年の中でも最も気合を入れてプレゼントを選ぶという方が多いようです。

プレゼントを選ぶ際は、お互いに同じくらいの相場の品を選ぶのが無難です。あまり高価なものを贈ってしまうと、相手がお返しに困ってしまいます。お互いのライフスタイルや収入に合わせて予算を考えましょう。10,000円程度であれば、プレゼントを選ぶ選択肢の幅も相当広がります。インターネットの通販などでは、質の良いクリスマスギフトをお得に手に入れることもできるので、ギフトにかける値段を節約して、ディナーなどと合わせるプランを選ぶのもおすすめです。

#

クリスマスプレゼントの選び方を教えて!

 クリスマスプレゼントの選び方で一番大切なのは、相手に合わせた品物を選ぶことです。とはいえ、クリスマスプレゼントにはサプライズをしたいという方も多いので、相手に欲しいものを聞くのも難しいものです。クリスマスプレゼントで人気の高い定番のアイテムといえば、女性ならアクセサリーやバッグ、男性なら時計や革小物など、ビジネスシーンで活躍できるものです。

女性向けのクリスマスプレゼントでは、アクセサリーはやはり外せません。恋人同士ならペアリングが喜ばれますが、ネックレスやピアスなど、アクセサリーのプレゼントはなんでも喜ばれる人気のクリスマスプレゼントです。女性の場合、アクセサリーはいくつあっても嬉しいものなので、毎年の思い出にプレゼントするというのも素敵です。

男性には、普段も身に付けられるビジネス向けのアイテムがプレゼントとして人気です。職場で使えるものは、実用的で喜ばれる可能性が高く、ハンカチや靴下といった手ごろな値段から選べるので便利です。

ページの先頭へ戻る