郵便局のお歳暮2018

郵便局のお歳暮

郵便局のネットショップTOP > お歳暮ギフト特集

2018年お歳暮の通販なら郵便局のネットショップで。ふるさと特産品を中心に毎年人気のハムや定番の鮭・カニ、ドリンクセットからスイーツまで厳選された冬の贈り物を多数取り揃えています。お世話になった方々へ感謝の気持ちを贈りましょう。

ライン

お歳暮特集

  • プレミアム
  • 東京特選
  • ゆうゆうギフト
  • お酒

ライン

お歳暮を予算から探す

ライン

お歳暮を贈る相手から選ぶ

ライン

お歳暮を定番カテゴリーから探す

ライン

テーマから探す
  • 全国特選品
  • おすすめドリンク
  • 冬のスイーツ
  • 総合ギフトおすすめ
  • ご自宅用お買い得商品

ライン

選べるカタログギフト

ライン

郵便局のお歳暮おすすめギフト

ライン

ブランドギフト

ライン

2017年 お歳暮 売れ筋商品

お歳暮の豆知識

ペン
  • お歳暮とは?

    先祖の霊を迎える行事としてお正月に行われていた「御霊祭り」。その際のお供え物を、分家から本家へ、嫁ぎ先から実家へと届ける風習が起源とされています。当時贈られていたものは、新年を迎えるための必需品として主に魚介類の干物、塩鮭、するめ、数の子、塩ぶりなど、日持ちする食品でした。最近では、ギフトの種類が豊富になり、実家や親戚、お世話になっている方々へ、1年間の感謝の気持ちを込めて贈られています。

  • 贈る時期は?

    12月上旬から12月25日頃までに、届くようにするのが一般的と言われています。地方によっては12月13日から贈り始めます。元々はお正月の準備を始める「事始めの日」の12月13日以降が一般的でしたが、最近では通販などを利用して、年末で忙しくなる前の11月中旬頃から贈られ始めています。

  • 価格の目安は?

    3,000円〜5,000円程度が主流です。しかし、贈る相手や、お付き合いの度合いによって価格も違います。特別にお世話になった人に対しては5,000円程度、友人など気軽な相手に関しては3,000円程度が相場と言えるでしょう。

  • お歳暮のマナーとは?

    「のし」の付け方や、書き方でお困りになったりしませんか?

    ■「のし」の付け方

    のし紙に「水引き」と呼ばれる、紅白の紐を結びつけてください。この水引きは、場合によって、結び方を変えるものですがお歳暮の場合は、蝶々結びで大丈夫です。

    ■「のし」の書き方

    のし紙に上記で紹介したように、水引を結びつけたら、上に「お歳暮」もしくは「御歳暮」と書き、下にご自分のお名前を書いて下さい。(企業間で贈るときには、企業名を名前の代わりに書きましょう。

ページの先頭へ戻る