2019年おせち料理特集

2019年のおせちの通販|郵便局のネットショップ

おせち料理の予約·通販なら郵便局のネットショップで。郵便局限定のおせちから、定番の人気おせち、重箱のおせち個包装のおせちまで幅広く取り揃えています。全商品送料·消費税込。また、ご予算·人数別等の目的からもお探し頂けます。お正月に一緒に食べたいこだわり グルメもご用意。この機会におせち料理と一緒にお取り寄せしてゆっくりとよい新年を迎えましょう!
※掲載されている全商品について沖縄県および一部離島等にはお届けできません。

郵便局のネットショップTOP > 郵便局のおせち料理

人数から探す

こだわりのおせち料理

こだわりの一品

  • 鯉旨煮

    鯉旨煮


    鯉は昔から祝い事などで食されてきました。特に海から遠い京都では貴重な魚として扱われました。熟練の調理師が丁寧に鯉の持ち味をいかし旨煮に仕立てます。

  • 鯛塩焼

    鯛塩焼


    お正月の祝いの席に好適な、めでたい魚である鯛を本来の旨味をいかすためにシンプルに塩焼にしました。

  • 日の出龍飛巻

    日の出龍飛巻


    元旦にふさわしい「日の出」をイメージし紅白に仕立てた龍飛巻です。調理師が1本ずつ丁寧に手巻きで仕上げました。

  • 山内総料理長
  • 山内総料理長コメント

    美濃吉で修業をしてきた伝統の京料理を、祝膳であるおせちに仕立てました。
    素材の持ち味をいかした伝統的なおせち料理をお楽しみください。

バイヤーコメント!

京都の老舗料理屋「美濃吉」の味を受け継ぐ「福ろく寿」が作る、とても華やかな京おせちです。
1品1品にこだわりを持っており、味が良いことはもちろんのこと、高級食材の『アワビ』や『カラスミ』も大きく、質が良いものを使用しております。
お重に使われる小物等細部にまでこだわりがあり、お重の仕切りに笹や南天葉の装飾を使用、お重を包む風呂敷にも品を感じることができます。
高価格商品ではありますが価格以上の価値を感じることができ、新年にぴったりの一品!高級おせちをお楽しみください。

福ろく寿

福ろく寿

京都の老舗料理屋美濃吉の味を受け継ぐ京料理店です。店名の由来は七福神の福禄寿「人徳の神」からきています。ご来店いただいたすべてのお客様にとって、福禄寿のようになっていきたいとの願いを込めて付けられました。
提供される京料理は永い伝統とともに、真心を持ってお客様をお迎えし、次世代へと受け継がれていきながら、末永く愛されるお店でありたいという願いも込められています。
季節の食材、特に京野菜を中心に、京料理の美濃吉で修業を積んだ熟練の調理師の逸品を楽しむことができます。
調理人の手仕事ならではの素材をいかした味付け、風味豊かな食感、レシピでは表現できない伝統と知恵の経験則に基づいた京料理をご提供しています。

ご購入はこちら

こだわりの一品

  • 祝海老

    祝海老


    海老の姿から、腰の曲がるまで長生きと健康であるようにという願いが込められています。

  • 味付数の子

    味付数の子


    にしんの卵巣で一腹にたくさんの卵があることから、二親健在に通じる子孫繁栄の願いが込められています。

  • 丹波黒 黒豆

    丹波黒 黒豆


    年中まめまめしく、健康に暮らせますようにという語呂合わせから、無病息災の縁起物として。

  • 田作り

    田作り


    昔は田畑の肥料にし作物を肥やしていたところから、五穀豊穣を願う縁起物として。

  • 栗甘露煮

    栗甘露煮


    “勝ち栗”といった縁起物で、商売や勝負に勝つにつなげ商売繁盛・勝運が豊かになるようにを願って。

  • 栗きんとん

    栗きんとん


    金団と書きその色から財宝をあらわしていることから、金運をもたらすようにと願って。

  • たたき牛蒡

    たたき牛蒡


    ごぼうは地中深くにあるところから、一家の土台が不動であることの願いが込められています。

  • たけのこ煮しめ

    たけのこ煮しめ


    たけのこの成長の早さ、穂先の伸びる勢いの良さから縁起物とされています。

  • 一口昆布巻き

    一口昆布巻き


    よろこぶの語呂合わせから、お祝いごとには欠かせない食材です。不老長寿を願う縁起物です。

ご購入はこちら

おせち料理の豆知識

重箱イメージ

おせち料理とは?

本来は、季節の変わり目の節句に、歳神様に備えるための料理でしたが、現在は正月三が日に食べるようになりました。家族やお客さまの繁栄を願うために食べるものです。また、神様がいらっしゃる間は煮炊きは控えるという考えや、いつも忙しい主婦が正月くらいは炊事をしないで過ごすためという考えもあります。
またおせち(御節)とは、「御節供(おせつく、おせちく)」の略称で、隣国の中国から伝わった五節句の行事からきています。
ちなみに、新年のおせち料理をいただくお祝箸は「柳箸」です。両方が食べ口になっていて、おせちをいただくのと反対側では歳神様にも召し上がっていただくといういわれがあり、両端が細く丸くなっています。

重箱イメージ

おせち料理の基本とは?

おせち料理の基本は、祝い肴三種、煮しめ、酢の物、焼き物です。祝い肴三種は、関東では、黒豆・数の子・ごまめ(田作り)ですが、関西では、ごまめではなく、たたきごぼうが一般的です。他にも、紅白のかまぼこや伊達巻、栗きんとんやお多福豆がこれに当たります。
焼き魚は、鰤・鯛・海老・鰻の焼き物です。関西には、三が日の間は箸をつけない尾頭つきの鯛を焼いたものを重詰めする風習(睨み鯛)があります。酢の物は、紅白なます・ちょろぎ・酢蓮の3つがあげられます。煮物には、昆布巻き・陣笠椎茸・楯豆腐・手綱こんにゃく・芽出しくわい・花蓮根・矢羽根蓮根・八ツ頭・金柑・梅花にんじんがあげられます。
  当通販サイトでは、全国各地の有名料亭のおせちをご用意していますので、あなたのお好みのおせちが見つかるはずです。

※商品画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合があります。

人数から探す