グッズストア

2020年 おせち料理特集

贅を尽くした華やかなおせち料理をお届けします。

2020年 郵便局のネットショップおせち料理特集

おせち料理の予約·通販なら郵便局のネットショップで。郵便局限定のおせちから、定番の人気おせち、重箱のおせち、個包装のおせちまで幅広く取り揃えています。全商品送料·消費税込。また、ご予算·人数別等の目的からもお探し頂けます。お正月に一緒に食べたいこだわり グルメもご用意。この機会におせち料理と一緒にお取り寄せしてゆっくりとよい新年を迎えましょう!
※掲載されている全商品について沖縄県および一部離島等にはお届けできません。

早割バナー

ランキングバナー

おせち料理を人数から探す

  • 1~2人前
  • 2~3人前
  • 3~4人前
  • 4~5人前

個包装のおせち ピックアップ商品

個包装おせちの特長

誠和の迎春おせち

おせちの豆知識

  • おせちとは
    おせちとは、皆さんもご存じの通りお正月に作られる料理のことです。
    本来は季節の変わり目の節句に歳神様に備えるための料理でしたが、現在は正月三が日に食べるようになりました。家族やお客さまの繁栄を願うために食べるものです。また、神様がいらっしゃる間は煮炊きは控えるという考えや、いつも忙しい主婦が正月くらいは炊事をしないで過ごすためという考えもあります。
    おせち(御節)とは、「御節供(おせつく、おせちく)」の略称で、隣国の中国から伝わった五節句の行事からきています。ちなみに、新年のおせち料理をいただくお祝箸は「柳箸」です。両方が食べ口になっていて、おせちをいただくのと反対側では歳神様にも召し上がっていただくといういわれがあり、両端が細く丸くなっています。
    おせち画像
  • おせち画像
    おせちの歴史
    おせち(御節)は奈良時代に中国から伝わってきたといわれています。はじめは朝廷内の高盛のご飯でありましたが、次第に一般庶民も五節供を行うようになり、日本文化の中に定着していきました。
    当時の文献によると、朝廷内で節会として行われ、そこで供される料理を節供といいました。この五節会の儀にならい、一般庶民が五節供を行うようになりました。
    元々は、五節供というように年に五回ある儀式で供される料理すべてを御節といっていました。しかし、次第に最も重要とされる人日の節句の正月料理に限定して使われるようになりました。
    一説では、一般庶民には年に5回も御祝いが出来る余裕がなかったからとも伝わっています。また、現在の正月料理(おせち)の原型は、江戸時代の武家作法が中心となって形作られたといわれています。年始のあいさつに訪れた客や家族の間で食べられたとされています。
  • おせち料理の基本
    おせち(御節)料理の基本は、祝い肴三種(口取り、三つ肴)、煮しめ、酢の物、焼き物です。
    祝い肴三種は、関東では黒豆・数の子・ごまめ(田作り)ですが、関西ではごまめではなくてたたきごぼうが一般的です。他にも、紅白のかまぼこや伊達巻、栗金団やお多福豆がこれに当たります。
    焼き魚は、鰤の焼き物・鯛の焼き物・海老の焼き物・鰻の焼き物です。関西には、三が日の間は箸をつけない尾頭つきの鯛を焼いたものを重詰めする風習(睨み鯛)があります。
    酢の物は、紅白なます・ちょろぎ・酢蓮の3つがあげられます。
    煮物には、昆布巻き・陣笠椎茸・楯豆腐・手綱こんにゃく・芽出しくわい・花蓮根・矢羽根蓮根・八ツ頭・金柑・梅花にんじんがあげられます。
    おせち画像

おせち料理の意味・いわれ

ページの先頭へ戻る