おせち料理の意味とは?
知ればより楽しめる食材に
込められた思い

おせち料理の意味とは?知ればより楽しめる食材に込められた思い

お正月におせちを食べる意味

お正月の代表的な料理といえば、「おせち」。新年を迎えたタイミングでおせちを食べるのは、一体どのような意味があるのでしょうか。

おせちの名前の由来

おせちの由来は「お節供(おせちく)」「節会(せちえ)」という言葉です。その歴史は古く、稲作が全国に広まった弥生時代には、収穫に感謝して神様へお供え物をするという風習が生まれたと言われています。 古来、季節の変わり目などに祝い事をする日は「節日(せつにち、せちにち)」と呼ばれていました。奈良時代には、節日に宮廷内の行事として「節会(せちえ)」が始まり、祝宴で神様に供える食べ物のことを「お節供(おせちく)」と呼ぶようになりました。 「お節供」が民間に広まるようになったのは、節日が祝日として定められた江戸時代のこと。やがて江戸時代の終わりから明治時代にかけて、現在のような重箱に詰める形に定着したと言われています。 長い歴史の中で少しずつ現在の形に近づいてきたおせちですが、重箱に入った「おせち」が実際に庶民の間で定着したのは第二次世界大戦後であり、わりと最近です。 また、神道においては、神と人が共に飲食することを「神人共食(しんじんきょうしょく)」と言い、さまざまな祈りや願いを神様へ伝えるための大事な行為であるとされています。正月に家族で集まっておせちを食べるのは、こうした神事につながる行いでもあります。

【一の重】おせちの具材に込められた意味

おせちに入っている具材には、それぞれ大切な意味が込められています。初の重、と呼ばれることもある「一の重」に入れられるのは、祝い肴と呼ばれる代表的なおせちの具材や、口取りです。口取りは八寸とも呼ばれ、会席料理では最初に出される肴のことを指します。

数の子

コリコリ、プチプチとした食感が魅力のニシンの卵である数の子は、たくさんの卵が並ぶ様子から、子孫繁栄を意味する縁起の良い食べ物です。二親(にしん)」という漢字が当てられることもあり、両親の長寿を祝うという意味合いがあります。祝い肴三種のひとつで、おせちには欠かせない食材です。

黒豆

黒豆には「まめ(豆)に元気に働けるように」という意味が込められており、古くから無病息災を願う食材として知られています。また、黒は邪気を払う色であり、おせちの祝い肴三種に必ず入る料理のひとつです。

田作り

カタクチイワシの幼魚を乾燥させ、醤油、みりん、砂糖などを使って甘辛く炒った料理です。
その昔、小魚を田畑に肥料として撒いていたことから、五穀豊穣の願いを込めて「田作り」と呼ばれるようになりました。
「ごまめ」と呼ばれる場合もありますが、漢字では「五万米」「五真米」といった字が当てられます。代表的な祝肴のひとつとして知られています。

たたきごぼう

ごぼうは地中深くまでしっかりと根を張る植物で、子孫繁栄の象徴とされています。
また関西では、豊作の年に飛んでくる黒い瑞鳥(ずいちょう)に似ていることから、豊作を祈願するためにごほうが食べられるようになったそうです。やわらかく煮たごぼうをたたいて開くことで、開運を願うという意味もあります。

かまぼこ

彩りが美しい紅白かまぼこは、包丁で切り分けた形が半円に見えることから「日の出」を意味していると言われています。赤い部分は魔除け、白は清浄や神聖さを意味しており、新年の門出にふさわしい縁起物です。

栗きんとん

「きんとん」は金の団子や座布団という意味を持っており、金色の色彩が小判や黄金を連想させることから、商売繁盛、金運の象徴として考えられてきました。
また、栗は「勝ち栗」とも言われ、戦の出陣や勝利を祝う際に食べられるなど、武士の縁起物としても有名です。

伊達巻

形が巻物に似ていることから「学業成就」の願いを表す伊達巻。
食材として使われている卵は、子宝や子孫繁栄を意味するほか、殻の丸い形は家内安全に通じると言われます。華やかな金色の見た目は、黄金を連想させます。

昆布巻き

「養老昆布(よろこぶ)」といった字を当てられることもある昆布は、不老長寿を願い戦勝を祈願する食材として親しまれてきました。また、江戸時代には「子生婦(こんぶ)」あるいは「子生夫」と呼ばれ、子孫繁栄を願って結納に用いられるようになったと言われています。

【二の重】おせちの具材に込められた意味

「二の重」は焼き物が中心です。タイ、ブリ、あわびなど、縁起物とされる海の幸が入ります。

タイ

「めでたい」の語呂合わせや紅白の色合いで知られるタイは、昔から祝事の縁起物として食べられています。七福神の恵比寿様が抱えていることでも有名です。

ブリ

ブリは、代表的な出世魚の一種です。地域によって呼び名は異なりますが、成長するにしたがってその名が変わるため、立身出世を願って食べられる魚です。

あわび

15年から20年ほど生きるため、長寿の象徴とされるあわび。もともと貴重な食べ物であることから、神事でも「熨斗鮑(のしあわび)」として昔から捧げられています。

【三の重】おせちの具材に込められた意味

「三の重」には、山の幸の煮物が詰められます。れんこん、こんにゃく、たけのこなど、いずれも縁起物とされる食材が用いられます。

れんこん

断面にたくさんの穴が空いていることから「未来を見通せる」「将来の見通しが良くなるように」という意味があります。また、れんこんには種が多いため、子孫繁栄を祈願する食べ物としても知られています。

こんにゃく

おせちの定番であるこんにゃくは「手綱こんにゃく」で、馬の手綱を模した結び目の形をしています。 農耕にとって大事な馬の手綱には、五穀豊穣を祈念する意味合いがあります。さらに「良縁」「円満」を想起させる結び目は「縁結び」にもつながります。

たけのこ

成長が早く、空に向かってまっすぐに伸びていくたけのこは、古くから縁起物として親しまれていることで有名です。 立身出世を願うには、1年の初めに食べると良いとされています。

里芋

親芋に子芋、子芋に孫芋、とつぎつぎ増えるため、子孫繁栄につながると言われる里芋。おせちには亀の甲羅のように見える切り方の「六方むき」で調理されることが多いです。

くわい

丸い塊茎の先から大きな芽が出ることから「芽(め)出たい」に通じる野菜であると言われ、さらに子芋ができることから子孫繁栄を祈る意味合いもあります。

【与の重】おせちの具材に込められた意味

「与(四)の重」には、酢の物や箸休めの料理が入ります。三の重に詰めきれなかった煮物などが入ることもあります。

なます

おせちに入れられる紅白なますは、千切りにした人参と大根を水引に見立てており、家内安全を願って食べられます。また、水引には魔除けの効果があり、縁結びという意味が込められています。

菊花かぶ

かぶはその語感が頭(かぶ、かしら)に通じることから、頭(かしら)を目指すという縁起物です。 また、国花である菊には魔除けの効果があると古くから信じられており、菊の花を模して、かぶを飾り切りにした「菊花かぶ」には長寿を願う意味合いがあります。

ちょろぎ

江戸時代に日本に伝わったとされるちょろぎは、漢字で「長老木」「長老喜」と書かれ、長寿を祈願する食材です。おせちでは、梅酢やシソ酢漬けにした赤い塊茎が食べられます。

おせちに込められた深い意味、近年では通販も一般的に

新年を祝い、家族の幸福や健康を願う意味をいろいろと知ることで、いままで以上におせち料理を楽しむことができるようになるでしょう。 今回は、四段重の一般的な構成についてまとめましたが、「一の重 祝い肴と口取り」「二の重 焼き物」「三の重 酢の物」「与の重 煮物」という順番が正式とされる場合や、「一の重 祝い肴」「二の重 口取り」「三の重 焼き物 酢の物」「与の重 煮物」という順になることもあります。 また、三段重では「一の重 祝い肴と口取り」「二の重 焼き物と酢の物」「三の重 煮物」となる場合など、さまざまな組み合わせがあります。

昔は食材を買い、各家庭でつくるのが一般的だったおせちですが、ひとつひとつの調理に手間がかかり大変ということもあり、近年は通販で注文する人も多くなっています。
「郵便局のネットショップ」では、おせちの通販を行っています。
有名店とコラボした郵便局限定のおせちをはじめ、定番ものから個包装のおせちまで幅広いラインナップが揃っており、ランキング形式や予算、人数別から選べるため、ご自宅にいながら手軽に注文できます。
「来年のおせちはどうしよう?」と悩んでいる方はぜひ、参考にしてみてください。

【厳選】2023年のおすすめおせちをご紹介

おせち料理特集 2023年 TOPへ戻る

ページの先頭へ戻る