歳暮はいつまでに贈るべき?時期が遅れた場合の対処法やマナー

お歳暮はいつまでに贈るべき?時期が遅れた場合の対処法やマナー

1年の終わりに、感謝の気持ちを大切な相手に伝える「お歳暮」は、贈るべき適切な時期があります。

しかし、「お歳暮は12月に贈るものであることはわかるけれど、具体的には12月の何日頃に贈ればいいの?」と思い悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は「お歳暮をいつ贈るのがよいのか?」といった基本的な知識や「贈る時期を過ぎてしまった場合の対処法やマナー」について、ひとつずつ見ていきたいと思います。

お歳暮を贈る時期は
いつからいつまで?

「お歳暮を贈る時期」は原則として12月ですが、年々早まる傾向にあり、地域によっても若干の差異があります。

お歳暮は12月上旬〜12月25日ごろに贈るのが一般的

一般的に、お歳暮を贈る時期は12月上旬〜12月25日頃までとされていますが、狭い日本の中でも地方によってお歳暮を贈るべき時期は異なります。

中には、12月13日頃から贈るのがよいとされる地域もあります。これは、12月8日の「事始め(地方によっては「事納め」)」からお正月の準備を始める習慣があり、12月13日に行う「すす払い」で家の中や仏壇がきれいになってからお歳暮を届ける、との考えに基づくものです。年末が近づくほど、どの家もお正月準備で忙しくなるため、12月25日までに届けるのがよいとされています。

地域によってお歳暮を贈る時期が異なる

お歳暮は、地域によって贈るべき時期に違いがあるので注意が必要です。

大まかには関東地方と沖縄、その他の地域で大きく分けられることが特徴です。順に見ていきましょう。

  • 関東地方
    関東地方は、他の地域よりも少し早めの12月1日〜12月20日と言われています。東京や神奈川などでは12月初旬に届けることも増えており、年々贈る時期が早まっている傾向にあります。
    11月末ごろに贈っても失礼に当たらないとされているので、関東地方に住む人に贈る場合、早めに準備するのが無難でしょう。
  • 沖縄
    沖縄はお歳暮の時期が比較的長く、12月初旬〜25日頃と言われています。とは言え、年の暮れが近づいてくると忙しくなってしまうもの。なるべく早めの準備を心がけるようにしたいものです。
  • その他の地域
    東北地方
    12月10日頃〜20日頃が一般的とされています。
    北陸地方
    12月10日頃〜20日頃が一般的とされています。
    東海地方
    12月10日頃〜20日頃が一般的とされています。
    関西地方
    12月10日頃〜20日頃が一般的とされています。
    中国地方
    12月10日頃〜20日頃が一般的とされています。
    九州地方
    12月10日頃〜20日頃が一般的とされています。

以下、各地方のお歳暮を贈る平均的な時期について一覧にまとめましたので参考にしてください 。

北海道 12月10日頃〜20日頃
東北地方
北陸地方
東海地方
関西地方
中国地方
九州地方
関東地方 12月1日〜20日頃
(早いところでは11月末頃〜)
沖縄 12月初旬〜25日頃

贈る品物や相手の状況も考慮する

お歳暮を贈るときには、適切な時期を選んで送るだけでなく、相手の方がきちんと受け取れる日を考えて贈ることも大切です。特に、魚介類や肉類などの日持ちのしない生鮮食品を贈りたいと考えているときは、相手が品物を受け取れるだけでなく、受け取った日以降に確実に贈り物を消費できるタイミングを選びましょう。
もし、お歳暮を贈る相手が忙しく不在にしがちな場合には、いつ受け取ってもよいように、日持ちのする缶詰や海苔・ビール・コーヒーなどを選んでおくと安心です。また、贈り物の中身や相手の事情にもよりますが、あまりタイミングが遅くなると受け取る側もあわただしくなりますし、帰省や旅行などで不在になることも多いため、12月25日以降は贈るのを控えたほうがよいでしょう。
お歳暮はかつて、直接手渡しで届けていたものですが、最近はネット通販で注文して配送する方法が一般的になっています。
ライフスタイルや時代の変化に加え、家にいながら多くの商品の中から選べて、適切なタイミングで贈ることができるのがネット注文の大きな利点であると言えます。

お歳暮の時期を過ぎた
場合の対処法

お歳暮の時期が過ぎても、年内に届く場合はお歳暮として贈っても問題ありません。しかし、年内を過ぎてしまった場合はお歳暮として贈ることはできません。では、どうすればよいのでしょうか。

年内を過ぎた場合は、代わりに「お年賀」として贈る

お歳暮を贈る時期を過ぎてしまった場合は、代わりに「お年賀」として年明けに贈ることもあります。
お年賀を贈れる時期は、関東で1月7日まで、関西で1月15日までに届く場合で、お正月の門松を飾る「松の内」と呼ばれる期間中に限られます。この期間を過ぎるとお年賀として贈ることはできないため、注意が必要です。

届く時期が松の内を超える場合は「寒中御見舞い」で贈る

松の内の期間を過ぎてしまうようであれば、大寒を迎える2月4日までに品物を贈るようにします。表書きは「寒中御見舞」「寒中御伺(おうかがい)」として贈りましょう。
目上の方に贈る場合は、表書きを「寒中御伺」とする方が尊敬の念がより相手に伝わり、好印象を与えられるでしょう。

沖縄の場合は地域によりお歳暮のまま贈っても問題ない

沖縄では現在でも旧正月を祝う地域があるため、「お歳暮」ののしでも贈れる場合があります。ただし、沖縄県内でも地域の事情は異なるため、「お歳暮」として贈っても問題がないかどうかあらかじめ確認しておくことが大切です。間違ったタイミングで贈らないよう、事前にしっかりと調べておくようにしましょう。

お歳暮を贈る時期に
関するマナーや注意点

お歳暮を贈る際には、気をつけておきたいマナーや注意点があります。いくつか代表的なものをご紹介します。

自分や相手が喪中の場合は贈ってもよい?いつごろに贈るべき?

「自分や相手が喪中のときには、お歳暮を贈るのをやめたほうがいいのでは」と考える人もいるかもしれません。しかし、お歳暮はお祝いの品ではなく、日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを伝えるためのものです。そのため、自分や贈り先が喪中のときにも贈って構いませんし、受け取ることも問題ありません。ただし、四十九日が過ぎるまでは葬儀・法要の準備や役所・金融機関などでの手続きがあり何かと大変なので、自分の身内に不幸があったとき・相手側に不幸があったときに関わらず、お歳暮を贈るのは四十九日忌の法要が終わる忌明け後にしたほうがよいでしょう。お歳暮を贈るべき時期が四十九日までの期間にあたるときは、年内にお歳暮として贈ることは取りやめ、松の内(1月7日もしくは1月15日)を過ぎてから、「寒中御見舞」「寒中御伺」として贈るようにします。ただし、「お年賀」の言葉はおめでたい意味合いを持つため、喪中のときには使わないよう注意することが必要です。一般的に、お歳暮を贈るときには紅白の蝶結びの水引を使いますが、「相手が喪中なので失礼に当たるかもしれない」と心配される場合は、白い無地ののしに「お歳暮」「御礼」と書いて送るとよいでしょう。

贈る時期が遅れた場合にお詫びの電話や手紙は必要?

もしお歳暮の時期を過ぎてしまった場合は、お詫びの電話をするか手紙を送るのが無難です。
毎年贈っている相手には、「今年は〇〇さんから届かない」と思われるおそれがありますので、早めに連絡するようにしましょう。
年末はどうしても仕事が忙しくなる時期なので、仕事以外のことはつい後回しにしてしまいがちです。しかし、お歳暮は限られた時期に贈る、「季節のご挨拶」という意味を持つもの。「忙しくてお歳暮を贈る時間がなかった」といったことにならないよう、早め早めに準備を進めるようにしましょう。

お歳暮はいつまでに何を贈る?
悩んだら郵便局の
ネットショップがおすすめ

日頃のお付き合いに対する感謝の気持ちや、相手への心遣いを伝えるにはうってつけのお歳暮ですが、「いつまでに贈ればよいのか?」「何を贈ればよいのか?」といった基本的なことは意外と知らない、という方は多いはず。
年末が近づくと焦ってしまい、「誰に聞けばよいのかわからない……」 という場合もあるでしょう。
そんな時は、「郵便局のネットショップ」がおすすめです。お歳暮担当のバイヤーが選りすぐりのお歳暮ギフトをピックアップしたコーナーをはじめ、予算や贈る相手との関係性に合わせておすすめの贈りものを選べるほか、早割申し込みでお得に商品を贈ることができます。豊富な種類が揃っているので、きっと目的に合ったギフトが見つかります。サイト上では「お歳暮とお中元の違いは?」「会社の上司、親戚、友人などどんな相手に贈るべき?」「相場の金額はいったいどれくらい?」といった知識やマナーについてもまとめていますので、ぜひ選び方の参考にしてみてください。

お歳暮・冬ギフト特集 2022 TOPへ

お歳暮・冬ギフト特集TOPへ戻る

ページの先頭へ戻る