ギフトストア

慶事、出産祝い、結婚祝い、弔事、カタログギフトまで

新築祝いとは|ギフト通販なら郵便局のギフトストア

新築祝いとは

親戚や友人知人、親しい同僚などが賃貸ではなく新たな住居を購入した場合はお祝いの意味を込めて新築祝いが贈られます。日本には昔から根付いているしきたりであり、とても大事にされていることです。以前はマイホームを手に入れると言えば一軒家が当たり前でしたが、現代では分譲マンションを購入して生活するという人も増えてきていることから、ギフトの取り扱いについて戸惑いを感じる方が多いのも事実です。しかし、分譲形式で住居を手配したとはいってもおめでたい事には変わりないので、一軒家と同じように新築祝いを贈ることが望ましいといえます。そもそも、新築祝いというのは人生の中で最も高額な買い物をして喜びを感じている人に対して一緒に喜んでいるという気持ちを表すものであり、新たにスタートする生活を応援するという意味合いも兼ね備えられています。対象が住居であるのが定例ですが、時には新たに開いた事務所に対してギフトを届けるという事例も見受けられます。

木の家とクローバー

新築内祝いは必要?

新築内祝いとは新築のお祝いをもらった際にお返しをするということです。自身の新築祝いとしてお祝いを贈ったらお礼をするというのが普通礼儀です。贈った側もうれしい気持ちになります。何もお返しがないとなんでだろうと不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。実際新築内祝いをされる方はまだまだ少ないのですが、このような理由から新築内祝いは必要なことなのです。ではどのようにお返しをすれば良いのでしょうか。内祝いを贈るタイミングは1カ月から2カ月後くらいです。金額はもらった額の3割程度を返す方が多いです。贈る物は相手の気持ちを考えて、喜んでもらえるものを選びましょう。相手の好みをあまり知らないという場合には一般的に使えるもの、タオルや石鹸などを選ぶと良いでしょう。物を返すのではなく、新築の家に招待し料理を振る舞うことでお返しとする方が多いようです。その際にはプチギフトとしてちょっとしたお菓子の詰め合わせやタオルなどを手渡すという方法もあります。新築祝いをした側もおもてなしに素敵な気持ちになれます。しかしながら遠方の方で新築祝いも郵送で送ってもらったという方にはそうはいきません。なかなか会えない方だと、お返しをするのがどんどん先延ばしになるということになってはいけませんのでしっかりと準備しましょう。来てもらう時まで待つとうことは失礼になってしまいます。会う機会が減っていたという親戚や友達とも交流を復活させるきっかけとなるかもしれません。心のこもった内祝いをして、お祝いをしてくれた相手に感謝の気持ちを伝えましょう。

新築祝い

新築祝いのギフトの選び方を教えて!

新築祝いのギフト選びは、選び方に結構悩んでしまうものです。しかし一番大切なのは相手の喜ぶものをリサーチしてあげるとのことです。仲の良い相手なら何が欲しいか事前に聞くという手段もあります。あえって迷惑となってしまうようなものは避けなければなりません。好みがわからない、なかなか聞けない相手には定番のギフトを選ぶといいでしょう。例えば花や観葉植物、時計、タオルや食器類などの実用品などが考えられます。平均予算としては会社の同僚なら5千円程度、友人へは5千円から1万円程度、身内や親戚には1万円から程度のものを選ぶ方が多いようです。注意点としてマナー違反のものは贈らないように気を付けましょう。例えば火を連想してしまうもの、壁に穴を空けたり家に工夫を施さなければならないものなどは避けましょう。また、目上の方へは商品券や金券などは失礼に当たる恐れがあるので避けた方がいいでしょう。素敵な新築祝いを贈って喜んでもらいましょう。

画像はイメージです。