ギフトストア

慶事、出産祝い、結婚祝い、弔事、カタログギフトまで

退院祝いとは|ギフト通販なら郵便局のギフトストア

退院祝いとは

会社の同僚や親戚の方が入院をして、退院をした時は、退院祝いを渡すことがあります。このようなことは入院をしているときにお見舞金を渡していた場合は、特に相手に対して渡さなくてもすむことが多いです。しかし入院をしている時にお見舞いをうまくすることができなかった場合は、このようなものが必要になることもあります。一般的にこのようなものは3000円から1万円程度の、後に残らない食品などを贈ることが多いです。あとに残るものですと入院をしていたことのイメージが残ってしまいますから、残らない手頃な価格のものを渡します。この時に現金を渡して対応をしていいのかと考える方もいますが、基本的に現金は渡しません。退院時のお祝いは食べ物などの商品を渡すのが普通で、退院をした後で家まで送るか機会があれば病院で渡します。またこのようなお祝いをもらった場合はお返しをすることがありますが、その時はもらった商品の半額程度のものを返すことが多いです。

千羽鶴

退院祝いのお返しは必要?

怪我や病気などでのつらい入院生活を終えて、晴れて退院となった時に友人や会社の同僚から退院祝いをもらうととても嬉しくぽかぽかした気持ちになりますよね。退院した時の贈り物や、お見舞いで品物を頂いた場合は退院した時に内祝いを贈りましょう。退院内祝いや快気内祝いを贈るのが一般的ですが、どちらにしてもマナーや商品の選び方などがきになりますよね。上記2つは実は言葉の意味が違います。退院内祝いは全快ではないですが、無事に退院できました。という意味になります。それに対して、快気内祝いは怪我や病気が全快した時に使う言葉になります。意味によって熨斗に書く言葉が違ってくるので、確認しておきましょう。どちらにしても熨斗は、結び切りの水引で贈りましょう。表書きは現在のご自身にあった状態で、名字で贈ることが多いです。内祝いを贈る方が一番気になるのは、どのくらいの値段でどんなものを贈るべきかや、マナーだと思います。まず金額の目安ですが、他の内祝いのマナーと変わらず贈り物の品物の金額の、半返し〜1/3返しとなります。個人個人のことを思いながら、品物を選ぶことが出来ればよいのですが退院後のバタバタしている時期にそうともいかないという方は、頂いた品物の金額にばらつきがあっても、同じ品物を一律に贈っても構いません。肝心の商品は、退院とはいえ、病気に関わることなので後に残らないものにしましょう。おすすめは、お菓子や、入浴剤、石鹸、砂糖などです。なぜ、石鹸や入浴剤かというと病を水に流すという意味合いがあります。砂糖は溶けてなくなるという意味から縁起がよいとされています。

お花

退院祝いのギフトの選び方について教えて!

退院祝いとは会社の関係者や親戚が退院をした時に贈るもので、ギフトの選び方には気を付けなければなりません。基本的に、後に残らない食べ物などを贈ります。贈り物に困った際は基本的に、病気や怪我が残らないようにという意味もある為、後に残るものは贈らないこと。退院時のお祝いは、のし袋をつけて渡すことになりますが、その時はどのような文章にするかを考える必要があります。一般的な退院や相手の状態がわからない場合、祝御退院と書いて相手に渡します。病気や怪我が改善している場合や退院をして時間がたっているときは、祝御全快と書きます。退院をしてから、通院や療養をしている方に対しては、祝御快復と書いて渡すことが多いです。退院時のお祝いはどのようにするべきかマナーが決まっているので、そういったことについて理解をしつつ対応することが大事です。基本的なことは詳しい方に聞くか、ギフトを依頼する業者に相談をするとマナー違反無く贈れるでしょう。

画像はイメージです。