ギフトストア

慶事、出産祝い、結婚祝い、弔事、カタログギフトまで

移転祝いとは|ギフト通販なら郵便局のギフトストア

移転祝いとは

移転祝いというのは、取引先の会社などが本社や事務所、店舗を移転した時に、新しいスタートを祝って贈り物をすることです。前もって移転の予定を知らされていることもありますし、遠方の会社であれば、はがきなどで移転したことを知らせる連絡がきたときに対応する場合もあります。一般的には、移転を完了する前日から2週間以内にお祝いをするのがベストですが、連絡が来ずに移転後かなり日数が経過してから知ったという場合には、連絡を受けてから早めにお祝いをするのが良いでしょう。相場は取引先であれば3〜5万円、身内であれば2〜3万円、友人であれば数千円程度、それ以外の相手には1〜2万円程度となっており、あまり高額すぎるお祝いもかえって相手に負担をかけるので避けましょう。親しい間柄であれば相手に欲しいものを聞くこともできますが、こちらで何を贈るかを考えてからお祝いを渡す場合には、タブーになる品物もありますのでよく調べておきましょう。

スタンドフラワー

移転内祝いは必要?

移転内祝いは必要でしょうか。前述の通り、取引先や本社の事務所が移転した時に祝われるのが移転祝いです。移転内祝いの重要さでいったら取引先への内祝いは必要ではないでしょうか。移転後も継続して取引していく会社なら尚のこと内祝いは重要です。時期的には移転祝いをしてもらった1週間前後をめどに、少しでも早く送るようにしましょう。移転したばかりでバタバタな場合は、お礼状だけでも早く送るようにしましょう。移転内祝いの相場は大体、いただいた金額や品物の半額くらいのものを選ぶのが無難でしょう。移転という新しいスタートをお祝いし、応援してくれる人たちに感謝の気持ちや、これからも継続して末永くよろしくお願いしますという気持ちも込めて内祝いのギフトを贈ります。こんな内祝いの方法もあります。移転パーティや事務所のお披露目会です。祝ってくれた人をパーティに呼んで料理やお酒をもてなすという方法です。一斉に人を呼んで内祝いとしてお返しができるため、移転後で忙しい中でも比較的早くすることができるでしょう。移転パーティの会場にて移転祝いをもらった場合は、後日お礼状をお送りしましょう。そのパーティ自体が内祝いとなっていますが、後日に「パーティの際はありがとうございました」と手紙をもらえるととても印象もよくこれからもこの会社と付き合っていこうとなるでしょう。より感謝の気持ちが大きい時には、そのパーティで「引き出物」として何かを渡しても良いですね。引き出物は自分の会社の名前やロゴを入れた品物にすると取引先への印象が強くなるのでおすすめです。

胡蝶蘭

移転祝いのギフトの選び方を教えて!

移転した時のお祝いに使えるギフトは、色々な店舗で取り扱いがあります。とはいえ、同じギフトでも先方の事情によって喜ばれるか迷惑に思われるかが変わってきますので、基本的な選び方を理解したうえで、相手に当てはめて考えるようにしましょう。オーソドックスな選び方としては、欲しいものが自分で選べるカタログギフトが人気です。予算に合わせていろいろな商品を選ぶことができるため、無駄になる心配がありません。また、カタログでは味気ないという場合には、定番の胡蝶蘭や観葉植物もよいでしょう。ただし、新オフィスに置き場所があるかの確認は必要です。あるいは、縁起物やインテリアも定番の贈り物です。こちらは、既に持っている品物とだぶらないか、新オフィスの雰囲気に合っているかを確認してから選ぶようにしましょう。いずれの場合にも、ギフトにはのしをつけて、移転に対してお祝いの言葉を述べたはがきやメッセージカードなどをつけると好印象です。

画像はイメージです。