ギフトストア

慶事、出産祝い、結婚祝い、弔事、カタログギフトまで

開店・開業祝いとは|ギフト通販なら郵便局のギフトストア

開店・開業祝いとは

開店や開業祝いは、事業を起こしたりお店を開店するなど新しく開業する時に、取り引き関係者や知人、友人が前途を祝してお金や品物を贈ることです。贈る時期としては、開店や開業する少し前から当日にかけて贈るか、また祝賀パーティなどに招かれた時などにお渡しします。お金をお渡しする場合は、水引は紅白の蝶結びが基本になります。「御開店御祝」などの表書きで。金額はその立場などのよって5000円から3万円程度になります。開店・開業内祝いは、お祝いをいただいた方へのお返しになります。祝賀パーティをした場合は、その後に引き出物として差し上げます。パーティを開かなかった場合や引き出物がお渡しできなかった場合は、送るか手渡しをします。これからお店や事業をやっていく一つの区切りとしてのお祝いで、未来への成功を祈ってお渡しするものなので、心がこもったものを差し上げて、またそのお返しも感謝がこもったものを差し上げるといったものであるといいですね。

開店祝い

開店・開業内祝いは必要?

開店・開業内祝いは必要なのでしょうか。これは必ずしなければならないというわけでは決してありません。贈る人もいれば贈らない人もいます。しかし、やはりお祝いをした側はお返しをもらった方が、贈って良かったと感じることでしょう。特に取引先の方へは今後の仕事にも関わるのできちんとお返しを考えた方がいいかもしれません。中には物ではなくお礼状だけ贈るという方もいらっしゃいます。お祝いをしてくれてありがとうという気持ちを文字で伝えることも素敵ですよね。相手も自分のことを考えて書いてくれた手紙はうれしく感じるものです。また、開業パーティに招待し、料理などでふるまうという方法もあります。その際に記念品を渡すとなお喜ばれることでしょう。開業した店や会社のお披露目にもなるので一石二鳥です。では物を贈る場合にはどのようなものを選べばいいのでしょうか。金額としては贈ってもらったものの約半分程度が相場です。品物は自分で選んでもらうことのできるカタログギフトや消耗品のタオル、石鹸、飲食類など様々あります。NGとされるお返しは現金です。注意しましょう。贈る時期としては開業から2週間までに贈るといいでしょう。贈る際にはのしを付けるのも忘れずに。お礼の伝わるメッセージも添えると更に気持ちが伝わりますよ。今後の抱負、決意も一緒に添えると相手に更に良い印象を与えることができますよ。取引先の方や親戚、友人など相手を考えてお返しを準備して贈りましょう。お祝い頂いた相手へしっかりとお礼の気持ちを伝えることは大切なことです。

胡蝶蘭

開店・開業祝いの選び方教えて!

開店・開業祝いを贈る際の選び方についてご紹介します。相手に喜んでもらえるようなものを選ぶことって、なかなか悩んでしまうものですよね。一番喜んでもらえる方法としては相手に何か必要か聞くことです。また、相手に商品を選んでもらえるカタログギフトなども良いでしょう。よく選ばれる定番のものは現金や商品券、お花、お酒などです。どのくらいの金額のものを贈ればいいのでしょうか。費用の相場は親族で3万円前後、友人で1万円程度が多いようです。開業祝いの場合は他のお祝いでは目上の方に現金を贈っても失礼には当たらないようです。水引のマナーもしっかりと学んでから失礼のないように渡すようにしましょう。贈っていけないものとしては火事や赤字を連想させてしまうものです。例えば赤いお花、ライターや灰皿など。贈る時期はオープン前日までに届くようにしましょう。マナーを守って失敗のないように、相手に喜んでもらえるものを選びましょう。

画像はイメージです。