ギフトストア

慶事、出産祝い、結婚祝い、弔事、カタログギフトまで

退職祝いとは|ギフト通販なら郵便局のギフトストア

退職祝いとは

退職祝いとは、仕事をめでたい形でやめる人に渡すものであり、またその状況をお祝いする際に開く会などのことを言います。一般的にそれに該当するのは、結婚や起業や定年退職などです。新たな人生をスタートする際にお祝いすることを指します。退職祝いの品として用意するものは、その後の人生で役に立ちそうなものが好まれます。物品やギフト券や図書カードなど、役立つものを選択すると喜ばれます。また、定年退職に関しては、長年働いてきたことへのねぎらいや、その後の人生をのんびり過ごしてもらう意味を含めて、趣味のものなどを差し上げる人も多いです。贈り主の対象になるのは、家族や親せき、職場の仲間などですので、ある程度の趣味趣向を理解できていることが多いのですが、もし何がいいかわからないのであれば、直接聞くのもいいです。家族などの場合には、食事の席を設けたり、旅行に出かけるのも思い出になります。職場の関係者の場合には、高額になり過ぎないことも大切です。

握手

退職祝いのお返しは必要?

退職祝いのお返しは必要でしょうか。たいていの場合、退職祝いのお返しは基本的には要りません。しかし、今後も長く付き合っていく間柄や送別会を開いてくれた人など、自分のために時間を作ってくれたことへのお礼の気持ちを込めて簡単なものを渡すのはいいかもしれません。他に会社によっては返しは不要ととり決められているところもありますし、お礼状だけ送りましょうという会社もあります。そういった取り決めがない場合は、退職祝いをしてくれた人との関係性で決まってくるでしょう。退職祝いのお返しを贈る期間ですが、退職してから少し期間が経ち、新たな生活にも慣れ始めた頃がベストではないでしょうか。新たな生活にも慣れてきたところで、お祝いをしてくれた人たちに対して近況報告を含めたお礼状を添えるといいでしょう。もしくは、時間の空いているときに菓子折りやお返しのプレゼントを持って前の会社に足を運ぶのもいいでしょう。元気な顔を見ると退職した会社の人も気持ちが明るくなります。また、退職時にちょっとしたお菓子などを配っている場合は後日、お礼状を送るのみでいいでしょう。個人的に祝い金や品物をもらった人にはきちんとお返しをした方がいいです。もらった金額や品物の半額より少し多めくらいのお返しをしましょう。退職祝いのお返しののしは、「御礼」がポピュラーです。会社の人みんなからのまとまったお祝いに対してのお返しならば、「粗品」とすることもあります。蝶結びにし下に自分のフルネームを書きましょう。定年退職した場合でもまた就職する可能性もあるのでのしは「御礼」にしましょう。

花束

退職祝いのギフトの選び方を教えて!

退職祝いのギフトに関しては、どのようなギフトを贈ればよいのかと選び方迷われている方も多いでしょう。結婚であれば、ペアグラスや家事用品などが相応です。出産や懐妊であれば、ベビーグッズや体を温めるようなグッズも喜ばれます。起業が理由である場合には、万年筆やペンケースなどの仕事に関するものがふさわしいです。定年退職の場合には、自宅でくつろぐときに使う甚平やスリッパなども好まれます。料理を趣味にしている人には、名入れのエプロンや包丁なども選択肢に入れるといいです。相手の趣味趣向に合うものが喜ばれますが、それに加え、寄せ書きやアルバムなど、今までの感謝の気持ちが伝わるものを見付けるとより良いです。予算を決めて、図書カードを贈ることも好まれますが、その要因として、楽しい人生に本はつきものであり、のんびり暮らす人にも勉強をしたい人にも有効活用できるから大切な人の特別な瞬間ですので、思い出に残る日になるように、事前に計画をすることも大切です。

画像はイメージです。