ギフトストア

慶事、出産祝い、結婚祝い、弔事、カタログギフトまで

おせちって?|ギフト通販なら郵便局のギフトストア

おせちとは

おせちとは、現在では誰でも知っているお正月に作られる料理を指します。元来このおせちは、平安時代の宮中の行事「お節供」がルーツ。節日に神々へお供えをし、宴を開いていたのです。江戸時代の中期以降になると、経済的に安定した江戸の庶民の中にこの宮中行事の一部が浸透し始めます。それがやがて全国的に広がりおせち料理の文化が定着しました。そして正月にふるまわれる豪華な食事が「おせち料理」と呼ばれるようになったのです。このように歴史的にも文化的にも長く深いおせち料理は今なお日本の国民の中にしっかりと浸透しており、必要不可欠な文化の一つとして定着しています。最近ではデパートやスーパー、インターネットなどでもおせちセットが販売されていますし、単品パックであっても豊富な品揃えなので、家庭ですぐに重箱へ詰めて完成させることが可能です。しかしその一方で、昔からの伝統や手作りを大切にしている家庭もあります。

おせち

貰ったおせちのお返しは必要?

近所の方や親戚からおせちを頂いた際、何かお返しをと思われる方が多くいます。ご厚意の場合もあるので、必ずお返ししなくてはいけないということはありません。しかし、頂いた手前、何にも出来ないのは良心が痛む方も多いのではないのでしょうか。そこで、おすすめのおせちを頂いたお返しを紹介いたします。おせちと言えばお正月、お正月と言えば、家族が集まる方が多くおられると思います。そこで、お勧めのお返し品はお酒が人気です。飲まれない方もいる場合はジュースも用意していく心づかいがあれば素敵ですね。お正月の集まりは宴会みたいになる所もあるので、少し良いお酒をおせちと一緒に飲めば格別においしいでしょう。おせちの情報を少しご紹介いたします。おせち料理は四段の重箱が基本になっております。一段目には黒豆、数の子や田作り等の祝い肴を詰め、二段目には金団のような甘いものを中心にいれ、三段目は海老、魚の佃煮等の海の幸をいれます。最後の四段目には里芋や蓮根など野菜類の煮物といった山の幸を詰めます。そして重箱の呼び方は、上から一の重、二の重、三の重、与の重、と順に呼びます。おせち料理には一品一品意味、願いを込めており、例えば海老は『長寿』栗金団は『金運』数の子は『子宝、子孫繁栄』など幸運を願いながらおせちを食べるのです。その宴に合うお返しをもっていけばきっと皆が喜ぶでしょう。おせちは作る以外にもスーパーやコンビニでも売られていますので、少人数の場合や、少し種類を足して食べたいときなどには、買ったものを一緒に並べて食べるのもお正月らしい豪華さが演出できていいかもしれません。。

おせち

おせちの選び方について教えて!

おせちを注文する際に何段重がいいのか、サイズはどうなのか等わからないことも多くありますよね。そこで、選び方のコツを紹介いたしましょう。ます、サイズの選び方について。目安は、8寸8.5寸の三段重と、6.5寸の四段重〜五段重が殆ど同じ容量です。選ぶ際は金額や段数以外にも大きさにも注目が必要です。そして、価格です。あまりにも安いものだと、安心と安全の面では少しばかし不安があるので、多少値段が張っても国産のものを選ぶことをおすすめします。次に冷凍か、冷蔵かです。これはどちらにもメリットとデメリットがあります。長持ちするのは冷凍ですし、受け取ってすぐに食べられるのは冷蔵です。どちらもメリットデメリットあるので、自身で比較をし、何が譲れないかで決まると思います。最後におせちは、早めに予約するとキャンペーン等で安くなる事があるので、早めの購入をお勧めします。

画像はイメージです。