ギフトストア

慶事、出産祝い、結婚祝い、弔事、カタログギフトまで

こどもの日とギフト|ギフト通販なら郵便局のギフトストア

こどもの日とは

日本では祝日の一つとして認知されているこどもの日ですが、ゴールデンウィーク中に訪れることもあり祝日としてはどういった由来のものなのか知らない方も多いのではないでしょうか。こどもの日とは5月5日に制定された国民の祝日ですが、別の意味合いとして端午の節句ともいわれてきました。端午の節句とは中国から伝わった厄払いの一つでもあります。こどもが無事に成長できるように、勝負事に強くなりますようにと願いを込めて行われていた厄払いの行事が、少しずつ形をかえて現代でも引き継がれています。また端午の節句が男の子のお祝いとされている由来は武家時代にさかのぼります。厄払いの際飾りに使われていた菖蒲という薬草が日本では「勝負」と同じ読みから掛け合わせて、勝負に強くなれますようにと男の子の行事に変化していったそうです。日本では1948年に制定された国民の祝日ですが「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する」ことが趣旨であるとされています。

鯉のぼりとカブト

こどもの日にギフトは必要?

こどもの日にギフトは必要なのでしょうか。こどもの日にギフトを贈るかどうかで悩んでいる保護者の方は多いかもしれませんね。各家庭の方針によってギフトを贈る派、贈らない派に分かれることと思います。本来こどもの日は、こどもが病気にならないように願ったり成長を願ったりする日なので、ギフトを贈る風習があったわけではありません。また、こどもを甘やかさないためにも、ギフトは贈らないという家庭も多く、家族そろって仲良く夕食を一緒に食べるだけでも十分という考えの方も多くいるようです。しかし男の子の健康や成長は家族にとって喜ばしいことですし、年に一度のイベントですので、何か記念にギフトを贈ってお祝いをしてあげるのもいいですね。おじいちゃんおばあちゃんなどは、かわいい孫の健やかな成長を喜び、お祝いの気持ちをこめて、ギフトを贈ることが多いでしょう。こどもはギフトがもらえたら喜ぶこと間違いなしですが、それ以上に、自分の健康や成長を家族が喜んでくれているということ、健やかな成長が願われているということに嬉しさを感じる日なのかもしれません。その喜びや励みがあれば、将来成長して自分の家庭を持ったときに、今度はこどもの日を祝う側へと変わり、世代を超えてこどもの日というイベントが受け継がれていくのでしょう。ギフトのあるなしはさておき、家族そろってこどもの日のお祝いはきちんとしてあげましょうね。そのうえで、もし余裕があるのであれば、こどもの成長のお祝いにギフトを添えてあげてみてはいかがでしょうか。

おもちゃ

こどもの日のギフトの選び方について教えて!

こどもの日にお祝いの気持ちを込めて何かギフトを贈りたいと考えた時、どういったものが喜ばれるのでしょうか。兜や五月人形、こいのぼりは一般的なものですが、大きさや価格などは様々で、個人の趣味趣向が大きく別れるものため選び方に悩まれている方もいるでしょう。そのためギフトを贈る際にはそういった点に配慮したものの方が喜ばれることになります。飾り物でもデザインや素材にこだわっていたり、小さくて棚の上やちょっとした場所に飾れるものであれば家庭環境に左右されることもないのでおすすめです。他にも小さな子どもがいる家庭にギフトを贈る際には、おもちゃも喜ばれます。つみきや絵本などは長年使いやすいですし、性別にも左右されません。他にはお菓子などの食べ物も人気です。こどもの日をイメージしたお菓子や、成長を願ってお米など実用的なものも大変喜ばれます。どういったお祝いがいいのか、何が喜ばれるのかこどもや家族と楽しみながら進めていくことが大切です。

画像はイメージです。