ギフトストア

慶事、出産祝い、結婚祝い、弔事、カタログギフトまで

ひな祭りとギフト|ギフト通販なら郵便局のギフトストア

ひな祭りとは

ひな祭りが行われる3月3日は、五節句のひとつ上巳の節句で、桃の節句とも呼ばれています。江戸時代の頃から、桃の花飾りや、雛人形を飾り、女の子の健やかな成長と幸せを祈る為の行事となっていきました。現在は、雛人形を飾るという祝い方が一般的ですが、元々は、草や藁等で作った人形を船に乗せ、川や海に流すという形が一般的でした。これは、けがれを水に流して清めるという意味で行われていました。川や海に流す人形は、おままごとで使われる紙の人形に変わり、それによって流し雛という形へと変化し、人形作りの技術の進化によって美しい人形が作られるようになって以降は流し雛ではなく、家に雛人形を飾るというスタイルに変わっていきました。更に、雛人形を飾る以外に以前から行われていたのが、3月3日のご馳走です。3月3日には、ちらし寿司、ハマグリのお吸い物、ひなあられ、菱餅、白酒が用意され、こうしたご馳走によって女の子の節句を祝うようになっています。

お雛様

ひな祭りのギフトは必要?

ひな祭りでギフトというものは必要なのでしょうか。前述のように、ひな祭りは女の子のお祭りですので周りに女の子がいることが前提です。ひな祭りのお祝いは近親者や親族、ご近所付き合いのある方など近しい人が贈りましょう。いつもは会うことの少ない孫や姪っ子を祝ってあげられる一大イベントです。心から喜んでもらえるようなギフトを選びたいですね。ひな祭りのお祝いは何歳くらいまですればいいのかと疑問に思う人も多いのではないかと思います。その家庭によって様々ですが、平均的にひな祭りに興味のなくなる小学生が終わるころまでお祝いする家庭が多いそうです。しかし、ひな祭りには年齢制限はありません。なので、地域や風習によっては成人しても毎年お祝いする家庭もあるようです。その中でも、特に1歳を迎える際の初節句はその女の子の成長を願う一生に一度のものです。家族、親族みんなで盛大にお祝いしてあげましょう。プレゼントを贈る時期ですが、2月中旬頃が無難でしょう。しかし、ひな人形をプレゼントする場合はもう少し早い時期の2月初旬が良いでしょう。飾り場所等の前準備のいるプレゼントの場合は、贈る前にはひとこと声掛けしておくなど贈られる側に配慮しましょう。お菓子や食べ物を贈る場合には、賞味期限を調べたうえで贈るようにしなければなりませんね。あまりにも早いともたないものや、まだ節句の準備をしてないのに食べ物だけが届いても贈られた側は困ってしまいます。食べ物を贈る場合にはひな祭りの1週間前くらいがベストでしょう。

ひなあられ

ひな祭りのギフトの選び方を教えて!

ご家庭に女の子がいなく、近隣の子にギフトを送ろうとお考えの方は、桃の節句にふさわしい可愛らしい色合いのギフトを選ぶ事がおすすめです。選び方に迷っているのであれば、手軽に贈りやすいお菓子やスイーツがおすすめです。現在は、行事に合わせて、見た目も華やかなスイーツが多く販売されています。ただ、こうしたお祝いの時は、家でご馳走が用意されている事も多くなります。ですから、その日のうちに食べなければいけないお菓子を贈ると、負担になってしまう可能性があります。それよりも、少し日持ちがする物を選んでおく事がおすすめです。お菓子以外では、女の子が喜びそうな小物がおすすめです。ハンカチや財布、小物入れ等を贈る場合は、春らしい華やかな色合いの物や、女の子が好む可愛らしい柄の物を選ぶと良いでしょう。ひな祭りにギフトを贈りたいと考えたら、春らしい色合いや見た目を意識して選ぶとなおひな祭りを感じられるのでおすすめです。

画像はイメージです。