グッズストア

「筑前煮」の意味・いわれ

筑前煮は、九州北部地方の代表的な郷土料理ですが、全国的にも有名になりおせち料理として用いられるようになりました。人参やれんこんで花をかたどった飾り切りが美しく、甘辛い味つけが癖になる料理です。

それぞれ名前の中に「ん」がつく食材が使用されており、「運」がつく縁起の良いものと考えられています。家庭によって使用する食材が異なりますが、「だいこん」「れんこん」「こんにゃく」「にんじん」といったように「ん」がつく食材が多く使われています。「ん」はつきませんが、鶏肉が必ず入るのも筑前煮の特徴です。

食材の一つひとつに意味が込められていますが、有名なものを紹介しますと、れんこんは無数の穴が空いていて向こう側が見通せることから将来の見通しが良いとされます。

2020年 おせち料理特集 TOPへ

ページの先頭へ戻る