グッズストア

「里芋」の意味・いわれ

里芋は煮しめの脇役にしても、含め煮として真っ白な里芋に刻んだ柚子を添えて主役を飾っても良い、和食と相性のいい食材でお雑煮に入れる地域もあります。

土から掘り起こした時に、親芋の下に小芋、小芋の下に孫芋とたくさん出てくる様子から、子宝に恵まれることを連想させるため「子孫繁栄」を願って食されるのが里芋です。また、里芋の丸い形を「家庭円満」のイメージとして考え、あえて面取りなどをせず調理する地域もあるようです。

男性には「人の頭になりますように」と願って頭芋を取り分けたり、女性には小芋を取り分けて「子宝に恵まれますように」と願ったりする地域もあり、日本人の細やかな心遣いはおせち料理の食材の一つひとつにあらわれています。

2020年 おせち料理特集 TOPへ

ページの先頭へ戻る