グッズストア

「金柑」の意味・いわれ

小さくてかわいらしい黄色の金柑は、程よい酸味を残しつつ丸ごとの実を甘露煮にします。ツヤツヤと光り輝く宝石のような見た目は、茶系が多いおせち料理を華やかにし、柑橘系の爽やかな甘さがおせち料理の口直しにぴったりです。

みかんとも異なる独特の風味が癖になる金柑ですが、そのままの形でおいしくいただくために甘露煮にする際にはヘタを取り、実に縦に切れ込みを入れて種をかき出します。煮終わった後の熱々の金柑は、衝撃に弱く崩れやすいので丁寧に扱いましょう。

金柑は、「金冠」と掛けられていて黄金のような、まばゆい色と合間って富を象徴しています。また、名前の中に運を意味する「ん」が入っているので「金運」を上げてくれる食材として食されます。

2020年 おせち料理特集 TOPへ

ページの先頭へ戻る