グッズストア

「伊達巻」の意味・いわれ

渦巻き模様のふわふわとした黄色の伊達巻は、見た目も華やかでかわいらしくホッとする甘さのおせちの定番料理です。
関東では、砂糖をたっぷりと使いしっかりとした甘さが特徴の伊達巻ですが、関西では、飽きずに食べられるように魚のうまみを生かした甘さ控えめな味付けが好まれます。

伊達巻とは、長崎の卓袱(しっぽく)料理(中国と西洋の料理が日本人好みにアレンジされた料理)の「カステラかまぼこ」が、江戸時代に「伊達者(だてしゃ)」と呼ばれた、お洒落な若者たちの着物の柄に似ていたことから名付けられた料理です。
巻物のような形が当時の書物を連想させるので、「知性」の象徴として考えられ「学業が成就しますように」と願いを込めて食されます。

2020年 おせち料理特集 TOPへ

ページの先頭へ戻る