グッズストア

「栗きんとん」の意味・いわれ

ねっとりと粘り気が強い濃厚な甘さの栗きんとんは、おせちの定番料理であり子どもにも喜ばれる一品です。甘露煮にした栗をさつまいもや栗でできた餡とあえて作られ、クチナシを用いるとより色鮮やかな黄金色になります。

きんとんは「金団」と書き、「金色の団子」もしくは「金色の布団」という意味があります。
黄金色の見た目を金塊や小判などに見立てていることから、転じて金運上昇を願う料理になりました。また「勝ち栗」とも言われるように、武家社会では戦の勝機を高めるための縁起物として重宝されたという経緯があります。

幸先の良い食べ物である栗を、一年の始まりの日にいただくことで「勝負強い一年でありますように」と縁起を担ぐことができます。

2020年 おせち料理特集 TOPへ

ページの先頭へ戻る