おすすめ・新着特集

【お歳暮マナー】手渡しするときは注意点に気を付けよう!

【お歳暮マナー】手渡しするときは注意点に気を付けよう!

お歳暮はどのようにお渡ししていますか?配送を利用する方も少なくないと思いますが、本来お歳暮とは相手のお宅に伺い直接手渡しするのが正しいマナーです。今回は、お歳暮を手渡しする際の注意点をご紹介いたします。

お歳暮を手渡しするときの注意点

時間帯

約束を取り付けずに突然伺うのは大変失礼です。また相手が留守という可能性もあるので、事前に電話をかけて自宅に訪問する旨の約束をとっておきましょう。訪問する時間帯は食事時や、早朝を避けるのがマナーです。

身だしなみ

かしこまった服装である必要はありませんが、気楽すぎる格好での訪問は失礼です。きちんと身だしなみを整えて清潔感のある装いで訪問しましょう。

風呂敷または紙袋に包もう

お歳暮を手持ちする際は、風呂敷に包むか紙袋に入れるのがマナーです。風呂敷は品の良い「平包み」にすると渡す際スムーズに取り出すことができます。風呂敷がない場合は、紙袋に入れて持参しても構いません。風呂敷も紙袋も持参する際に贈り物を汚さないために使うものなので、相手にお渡しする際は品物だけをお渡しましょう。

渡すタイミングは?

基本の渡し方は玄関先で簡単な挨拶を済ませた後に渡します。部屋にあがるよう勧められた場合は、部屋に通された後、きちんと挨拶をしてからお渡しするようにしましょう。

お歳暮を渡しに自宅へ訪問する際は、これらの注意点に気を付けましょう。

お歳暮の豆知識一覧

お歳暮ギフト特集2020・冬ギフト TOPへ

ページの先頭へ戻る