おすすめ・新着特集

お歳暮に名入れは必要?基本マナーと書き方を解説

お歳暮に名入れは必要?基本マナーと書き方を解説

個人間のお歳暮は相手の好みやライフスタイルなどを参考に選びますが、法人向けのお歳暮になると悩みますよね。そこでどんなお歳暮が人気なのかを調べてみました!お歳暮を贈って、これからも変わらぬお付き合いを続けましょう!

名入れは自由

必ず名入れをしなければならないというルールはなく、基本的には自由です。熨斗紙に名前がなくても、送り状で誰からのお歳暮なのか判断できるためです。しかし、複数のお歳暮を貰うという方に贈る際は、お歳暮の贈り主を明確にしておくため熨斗紙に名入れをするのが大人としてのマナーです。
また、地域によって熨斗紙に名入れをしないお歳暮は「縁切り」を意味するといわれており、失礼な行為にあたります。そういったことを踏まえた上でも、お歳暮を贈る際には熨斗紙に名入れをしましょう。

名入れの書き方

「何のための贈り物なのか」「誰が贈ったのか」がわかるよう、熨斗の表書きには「御歳暮」と「送り主の名前」を書き記します。

個人の場合
個人名の場合は、「御歳暮」と名前を水引の中心に沿って一直線に書きます。
連名の場合
夫婦連名で名入れをする際は、水引の上部に「御歳暮」、下部に夫のフルネーム、その左側に妻の名を書き入れます。夫婦別姓の場合はそれぞれのフルネームを書くことも増えてきているようです。
法人の場合
法人で贈る場合は、水引の上部に「御歳暮」、水引の下部に代表者の名前を書き、名前の右側に会社名を入れます。会社名は名前よりも小さく書くのがポイントです。
感謝の気持ちが伝わるよう、名入れは丁寧さを心がけてください。

お歳暮の豆知識一覧

お歳暮ギフト特集2020・冬ギフト TOPへ

ページの先頭へ戻る