2018年お中元ギフト特集

お世話になった方々へ感謝の気持ちをこめてお中元を


  1. 郵便局のネットショップTOP
  2. お中元ギフト特集
  3. 「お中元」とはどういうもの?

「お中元」とはどういうもの?

「お中元」とはどういうもの?

お中元とは、日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを表すために贈り物をすることを言います。贈る時期は地域によって異なりますが、関東では7月初旬から7月15日までとされています。贈り物の定番は、そうめんやビール、食用油、洗剤などです。お中元はタイミングをずらすと表書きが変わるため、暑中御見舞や、暑中御伺、残暑御見舞、残暑御伺もお中元にあたります。ちなみに、御伺とは、目上の人に贈る場合を指します。

お中元の由来

なぜ「お中元」と呼ばれるのかというと、実は少し複雑な由来があります。まず、中元というのは、三元と呼ばれる中国道教にまつわる行事の中間のものになります。三元とは、龍王の孫とされ、三官大帝と呼ばれる三人の神様の誕生日にあたります。三元には、旧暦で1月15日の上元、7月15日の中元、10月15日の下元があり、この旧暦で言うところの7月15日がお中元を贈る日として日本に受け継がれています。

では、なぜ、中元に贈り物をするようになったのでしょうか。諸説ありますが、そのうちの有力だと思われる二つの説を紹介します。一つは、中元の日の思想に由来するという説です。中国では、中元の日に神様が人々の善い行いや悪い行いを報告しに天に行く日と考えられており、その報告によって自分の寿命が伸びたり縮んだりするとされました。そのため、中元の日が近づいたら特に善い行いをしようと考えた人々が、日頃の感謝の気持ちを込めてお世話になった人に贈り物をするようになったことが始まりとされています。

もう一つは、盂蘭盆会(うらぼんえ)と関係しているという説です。先ほど、中国道教で旧暦の7月15日が中元であることを紹介しましたが、その日は中国仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)を行う日でもあります。日本ではお盆として受け継がれており、7月15日ぐらいまでに「盆礼」といって子から親へ贈答する習慣がありました。具体的に言うと、盂蘭盆(うらぼん)に嫁として家を出た娘が手土産をもって里帰りをする風習のことを言います。つまり、仏教の盆礼と道教の中元が習合一体化して「お中元」と呼ばれ、贈り物をする日になったのです。

お中元とお歳暮の違い

お歳暮とは、日頃からお世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて贈り物をするという本質はお中元と変わりありませんが、お中元が夏にするのに対し、お歳暮は冬に行います。お歳暮を贈る時期としては、12月初旬〜20日頃までとなっており、先ほど紹介した中国道教の三元の上元(1月15日)と下元(10月15日)にもあてはまらないので、お中元の由来とは異なりそうです。こちらも諸説ありますが、お歳暮の由来は、正月に行われる御霊祭りの御供え物にあります。御霊祭りは祖先の霊を迎えるため本家で行いますが、その際に分家の人が御供え物を年が暮れる前に本家へ届ける習慣からお歳暮へと変化していきました。

時期も由来も異なるお中元とお歳暮ですが、どちらも贈るのが一般的と考えられています。どちらも贈る場合には、お歳暮の方をより高価な品物にするといいでしょう。しかし、金銭的な負担が大きい場合には、お中元ではなくお歳暮を優先して贈ることも可能です。一般的には一年の半ばのお中元より、一年の終わりに贈るお歳暮を重視します。

会社の上司へお中元は贈る?

一昔前までは、新入社員は上司にどんなお中元を贈るか、頭を悩ませていたものでした。最近では会社の規則で贈り物を禁止されているというところが多く、贈らない派が多数となってきています。しかし、会社によっては暗黙の了解でお中元を贈らなければならない場合もあるようです。その場合にどのような贈り物が上司に喜ばれるのでしょうか。

贈り物を選ぶ際に重要になるのが、それをもらって相手が喜ぶかどうかということです。好き嫌いや家族構成も把握し、贈られて困るお中元はしないようにしましょう。例えば、お中元の定番にビールがありますが、小さいお子さんのいる上司や、お酒が飲めない上司に贈るのは不適切でしょう。この場合、お菓子の詰め合わせやお米などを贈るのが無難です。

また、上司は目上の人にあたりますから、商品券やギフト券を贈ると「相手を低く見ている」として失礼な印象を与えてしまう恐れがあります。しかし、上司がそれらを喜びそうだと判断できた場合には、「失礼かとは存じますが…」と一言添えれば問題ありません。また、目上の人に対する贈り物では「もっと勤勉になれ」という意味の時計やかばん、「踏みつける」という意味にとられてしまう靴や「経済的に困っている」ととらえられる靴下は避けましょう。

お中元をやめるタイミング

もし、今送っている相手が普段から付き合いがなく、仕方なく形式的に送っているだけなら思い切って今後は贈るのをやめるのがいいでしょう。相手も「付き合いがないのにもらってしまった」と負担に思っている可能性もあります。こうした日頃付き合いがない人へのお中元をやめる目安は3年ほどと考えられています。贈り始めてから3年目に今後も贈り続けるかどうかを判断すればいいでしょう。もちろん、付き合いがある人なら贈り続けるのがマナーです。

お中元は感謝の気持ちを表し、「今後も末永くよろしくお願いします」というメッセージを込めて贈るものです。贈ってはいけない相手ではないか、贈ってはいけない品物ではないかをよく吟味して、礼儀をわきまえて気持ちのいい関係を続けられるようにしたいものです。とはいえ、必ず贈り続けなければいけないと思い込んで、日頃の付き合いがない人にもお中元を贈り続ける必要はありません。

最低でも3年贈れば、それ以降はやめてしまってもいいのです。このことを知っているだけで、お中元に対する心理的な負担が減るのではないでしょうか。最近では、お中元をしないという人が増えているようです。お中元は日本のしきたりの一つですが、ドライな関係を好む現代人の間では流行らないのかもしれません。そのような風潮の中でも、お世話になった人にお中元を贈ると、「この人は礼儀をわきまえた古風な人だな」という印象を与えられるでしょう。お世話になったあの人に、この機会にお中元を贈ってみるのはいかがでしょうか。

その他の豆知識

お中元ギフトページへ