おすすめ・新着特集

お中元ギフト特集2020・夏ギフト

お世話になった方々へ感謝の気持ちをこめて

お中元の定番がそうめんなのはなぜ?
意味ってあるの?

お中元の定番がそうめんなのはなぜ?意味ってあるの?

お中元の定番といえばそうめんですよね。なぜ長年選ばれてきたのかご存知ですか?実はそうめんには色々な意味や時代背景が込められています。今回はそうめんの意味や、贈る理由をご紹介させていただきます。

お中元のそうめんに込められた意味

そうめんの麺が細長いことから、普段お会いすることが出来ない方に細く長いお付き合いをお願いする意味が込められています。相手への思いが込められているものを贈るというのも、日本人らしい慎ましやかさを感じられますね。

そうめんを贈る理由

そうめんは庶民的な食べ物というイメージを持っている方もおられるのではないでしょうか。しかし、江戸時代では高級品として扱われており、将軍や宮廷にも献上されるほどでした。日持ちすることから贈り物としても重宝されており、現在でもお中元として定番の贈り物になっています。

日本三大そうめん

日本を代表する三大そうめんを最後にご紹介いたします。

  • 播州そうめん
    兵庫県の播州地方の揖保川流域で作られており、手延べそうめんのトップブランドを出しています。
  • 三輪そうめん
    三輪はそうめんが発祥した地といわれています。奈良県三輪地方で作られている三輪そうめんは、約1200年の歴史があるといわれています。
  • 小豆島そうめん
    香川県小豆島で作られており、麺を延ばす際に特産の純正ごま油を使用しているのが特徴です。

お中元の豆知識一覧

お中元ギフト特集2020・夏ギフト TOPへ戻る

ページの先頭へ戻る