グッズストア

お中元ギフト特集2020・夏ギフト

お世話になった方々へ感謝の気持ちをこめて

お中元のお礼状はちゃんと書いていますか?
書き方とマナーをご紹介!

お中元のお礼状はちゃんと書いていますか?書き方とマナーをご紹介!

お中元のお礼状って何を書いていいのか分からないですよね。感謝の気持ちがしっかり伝わる書き方とマナーをご紹介させていただきます。

お礼状の書き方とマナー

お礼状を送るタイミングは3日以内に!

お礼状はお中元などの品物をいただいたときに、贈っていただいた相手に対してお中元を受け取ったことと感謝の気持ちを伝えるものです。
お礼状のマナーとしては、お中元が届いたらすぐに出しましょう。3日以内が基本で遅くとも一週間以内が目安とされています。また、お中元のお返しの贈り物をする場合でもお礼状は必要です。
相手に失礼にならないよう、できるだけ早く送ることが大切です。

4つのポイントを抑えよう

お礼状を書く時のポイントは次の通りです。

  • 時候の挨拶・季節の挨拶
  • お中元のお礼を述べる
  • 日頃の感謝・お心遣いに対しての感謝の気持ちを述べる
  • 結びの言葉

お礼状は長く書く必要はないので、このポイントに従って簡潔に書きましょう。

送り方は関係性によって変わる

  • 〈はがきや手紙〉
    最も丁寧な送り方なので誰にでもOKです。
  • 〈電話〉
    電話は身内や友人、親しいビジネス関係の方にはOKですが、相手の都合もあるので忙しい方には不向きです。
  • 〈メール〉
    身内や友人のみOKです。

相手との関係性によってお礼の伝え方は異なるので、しっかり判断しましょう。

お中元の豆知識一覧

お中元ギフト特集2020・夏ギフト TOPへ戻る

ページの先頭へ戻る