おすすめ・新着特集

失敗しないお歳暮の選び方とは?

失敗しないお歳暮の選び方とは?

せっかくお歳暮を贈るのであれば、相手の好みに合わせた品物を選びたいですよね。しかし、相手とよほど親しい間柄でない限り、確実に喜んでもらえる品物を選ぶのはとても難しいもの。お歳暮の選び方に失敗しないようにするには、どのような方法をとればよいのでしょうか。

相手の好みを事前にリサーチしておく

お歳暮を贈る前には、相手の趣味・嗜好・家族構成などをさりげなくリサーチしておくことが大切です。たとえば、お酒が苦手な人にビールや日本酒を贈る、夫婦2人だけの家庭に大量の生鮮食品を贈る、といったことはかえって相手を困らせることになってしまいます。贈り物をするのであれば、相手の事情に配慮して、相手に喜んでもらえるようなものを選んで贈るようにしましょう。

相手の好みや家族構成がわからないようであれば、カタログギフトを利用するのもよい方法です。贈る側にとっては、「カタログギフトは手軽すぎて失礼に当たるのではないか」と考えてしまうかもしれません。しかし、カタログギフトは相手の方も好きなものを選べるので、贈られる側に喜ばれることも多いと言います。選択に迷ったらカタログギフトも選択肢のひとつとして加えてみてはいかがでしょうか。

絶対に贈ってはいけないもの

お歳暮に限らず、絶対に相手に贈ってはいけないとされているものがあります。以下のような品物は選ばないようにしましょう。また、これら以外にも、相手の苦手なもの・きらいなものを避けることも大切です。

靴下や肌着
靴下には「相手を踏みつける」、肌着には「みすぼらしい格好をしている」という意味があり、相手の方に失礼になるため選ばないようにします。
はさみなどの刃物
刃物は「相手との縁を切る」との意味に受け取られるため、はさみや刃物も贈答用には向きません。
現金や金券
現金や金券は相手にも使い勝手がよさそうに見えますが、現金や金券を他人に贈ることは「相手がお金に困っている」との意味があるため、相手に対して大変失礼になります。

絶対に贈ってはいけないもの

お歳暮をどう選ぶかは、ほとんどの人にとって大変悩ましい問題ではないでしょうか。お歳暮選びに迷ったときは、「たくさんあっても困らないもの」「日持ちのするもの」などを基準に何を選ぶかを考えてみることをおすすめします。お歳暮に限らず、相手にものを贈るときには、相手を困らせないようにすることがコツです。

たとえば、包丁でさばかなければならない魚介類などは、大きくて見栄えがするメリットはあるものの、相手にとって体力的・精神的な負担になることがあります。相手にとって何がふさわしくて、何がふさわしくないのかを考えながらお歳暮を選びましょう。

頭を悩ませて選んだお歳暮を実際に贈る際には、相手の都合をさりげなく聞いておいて、相手が無事に受け取れるタイミングで贈ると、贈り先に「配慮がある」との印象を持ってもらえます。お歳暮を贈るときは、どんな品物を選ぶかも大切ですが、相手の事情にもさりげなく配慮すると印象アップにつながるでしょう。

お歳暮の豆知識一覧

お歳暮ギフト特集2020・冬ギフト TOPへ

ページの先頭へ戻る