2022年ホワイトデーはいつ?ホワイトデーの歴史からプレゼントの相場、おすすめのお返しまで解説!

2022年ホワイトデーはいつ?ホワイトデーの歴史からプレゼントの相場、おすすめのお返しまで解説!

2022年度のホワイトデーがいつなのか知りたい男性のために、日付や曜日をはじめ、イベントの歴史背景やお返しの予算の相場、おすすめ商品などをご紹介しています。本記事を読めば、今年のホワイトデーの準備がばっちり整いますので、ぜひ参考にしてみてください。

「職場で義理チョコをもらったけれど、ホワイトデーっていつ?お返しに何を選んだらいいのかわからない」と、ホワイトデーに備えて、準備を進めたいと考える方も多いでしょう。

本記事では、2022年のホワイトデーはいつなのかをはじめ、ホワイトデーの歴史背景や予算の相場、おすすめの商品などをご紹介していきます。

ホワイトデーの日付を把握して、パートナーや意中の人に喜ばれる商品を贈りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

ホワイトデーはいつ?2022年度は何曜日かをご紹介!

ホワイトデーはいつ?2022年度は何曜日かをご紹介!

2022年度のホワイトデーは、3月14日の月曜日です。ホワイトデーは、母の日のように日付が変わることはありません。毎年固定で、3月14日と決まっていて、曜日だけが変わります。
毎年バレンタインのチョコレートをもらった後に「ホワイトデーはいつだったかな?」と思ってしまう方は、バレンタインデーのちょうど1ヶ月後と覚えておくと簡単です。バレンタインデーが2月14日なので、約1ヶ月間お返しを考える準備期間があります。
職場で義理チョコをもらった方はもちろん、彼女や奥さん、娘さん、パートナーからチョコをもらった方も、3月14日のホワイトデーに合わせてお返しのプレゼントを準備しましょう。

そもそもホワイトデーとは?

そもそもホワイトデーとは?

「ホワイトデーは、一体どんな日で何の意味があるのだろう?」そう疑問に思う方もいるのではないでしょうか。ホワイトデーはバレンタインデーとセットになったイベントです。バレンタインデーにチョコレートをもらったお返しに、もらった側がプレゼントを贈る日とされています。
職場でもらった義理チョコに対するお返しの場合は「いつもお世話になっています」、友達なら「いつも話を聞いてくれてありがとう」といった意味を込められます。また、本命の彼女や奥さん・パートナーには「大好きだよ」「愛しているよ」と、ホワイトデーは愛を伝える日でもあるのです。
プレゼントの内容は多岐に渡りますが、クッキーやマシュマロといったスイーツをはじめ、花や生活雑貨などが多く選ばれています。 

日本のホワイトデーはいつから始まった?ホワイトデーの歴史

日本のホワイトデーはいつから始まった?ホワイトデーの歴史

日本のホワイトデーの歴史がはじまったのは、今から約50年前にさかのぼります。

1970年代 バレンタインデーが定着し、お返し商品を販売する店舗が出現
1978年 全国飴菓子工業協同組合がホワイトデーを発案
1980年 ホワイトデーキャンペーンをデパートや広告で実施
2000年以降 義理・友チョコが流行り、ホワイトデーのお返しも多様化

日本でホワイトデーと題して、はじめて大々的なキャンペーンが行われたのは1980年です。全国飴菓子工業協同組合が、お菓子の販売促進につなげることを目的にはじめました。
ホワイトデーがはじまった背景には、1970年代に海外発祥のバレンタインデーが日本で定着し、そのお返し商品を売り出すお店が現れはじめたことが挙げられます。その中でも、老舗菓子屋が白いマシュマロを売り出して話題になったことから、当初はホワイトデーではなくマシュマロデーと呼ばれていたそうです。
また、3月14日がホワイトデーと制定された理由には、日本ではじめてキャンディが作られた日という説があります。2000年以降は、バレンタインの義理チョコや友チョコの需要が増え、同時にホワイトデーのお返しの内容も多様化。いまでは、恋人たちの愛や絆をつなげる、日本のビッグイベントのひとつとして認識されています。

世界のホワイトデーはいつからはじまった?

世界のホワイトデーはいつからはじまった?

ホワイトデーは、日本で生まれたイベントです。バレンタインデーのように海外からはじまったものではありませんが、徐々にアジア諸国で、日本のお返し文化のホワイトデーが広まっていきました。
ホワイトデーが、アジアで浸透しはじめた正確な時期は、定かではありません。しかし1980年に日本でホワイトデーが生まれたことや、当時は今のようにインターネットがある時代ではなかったことを考えると、ホワイトデーは5年や10年程度かけて広まったと想像されます。現在では、台湾や韓国、中国でも、ホワイトデーはバレンタインにリンクした一大イベントです。
一方で、欧米諸国においては、バレンタインのお返しをする習慣はなく、ホワイトデーはありません。日本をはじめとしたアジア諸国のみで、ホワイトデーは認識されています。

ホワイトデーの予算相場を徹底解析!

ホワイトデーの予算相場を徹底解析!

「義理チョコをたくさんもらったけど、ホワイトデーのお返しの相場はいくらくらいだろう?」と職場の人たちからバレンタインに義理チョコをもらったものの、予算に悩む方も少なくありません。
ホワイトデーの予算の相場は、義理チョコなら2,000円前後です。バレンタインデーにもらったチョコレートの同等〜1.5倍程度の額のお返しが適しています。1,000円のチョコレートをもらった場合は、1,500円程度のお返しをすると間違いありません。
一方で、本命の彼女や奥さん・パートナーに対してのホワイトデーのお返しは、2倍返しや3倍返しが一般的です。予算の相場は5,000円〜10,000円程度と考えておきましょう。 

ホワイトデーのお返しにおすすめなもの7つ

ホワイトデーのお返しにおすすめなもの7つ

ホワイトデーの予算は把握できたけれど、具体的にどういったものを贈ればいいのか悩む方も多いはず。お返しのプレゼントを選ぶ際のポイントは、以下を参考にしてください。

  • 職場でシェアしてもらう場合は個包装のお菓子にする
  • 常温保存できるもの
  • 持ち運びやすいサイズがいい

上記の点を踏まえたうえで、ここからはホワイトデーのお返しにおすすめのスイーツやアイテムをご紹介します。

チョコ・クッキーなどの洋風スイーツ

ホワイトデーの定番とも言える洋風スイーツといえば、チョコやクッキーです。一口サイズなので職場でも食べやすく、コーヒーにもよく合います。
また、個包装になっている高級仕様のものも多いため、職場の人から合同でバレンタインチョコをもらった場合のお返しとしても最適。
お取り寄せスイーツには目がないという人も多く、普段は食べられないようなチョコやクッキーを贈ると喜ばれます。

和菓子・和風スイーツ

お饅頭やどら焼きなどの日本の伝統的な和菓子も、洋菓子に負けず劣らず人気のスイーツです。和菓子は、四季を彩る芸術的な見た目の商品が多く、食感に関しても洋菓子とは違った魅力があります。
職人の技術が光る和菓子や和風スイーツも、有名店のものを選べば、繊細な味に満足してもらえるはず。普段からお茶をよく飲んでいる方や年配の方にもおすすめのホワイトデーのプレゼントです。

お花

お花は空間に華やかさをもたらし、貰った人の心に幸せや癒やしを与えてくれるギフトです。花瓶に入れずにそのまま飾れるブーケをはじめ、お手入れが楽なプリザーブドフラワーなどもあり、職場のデスクに飾ることもできます。
ホワイトデーには、相手もお菓子をたくさんもらうことが想定されるため、スイーツ以外のお返しをするのも一つの手。
お菓子よりも長く楽しめるお花は、相手に喜ばれるホワイトデーのお返しとして最適です。

ハンカチ・タオル

何枚あっても困らないハンカチやタオルも、ホワイトデーの贈り物として人気のアイテムです。1,000円以上出せば、高品質な素材やブランド品なども購入できるため、長く愛用してもらえるはず。
歴史があり吸水性のいい今治ブランドをはじめ、刺しゅうや名前が入ったものなども相手に喜ばれやすいです。ホワイトデーに手元に残る贈り物をしたいという方は、ハンカチやタオルをギフトに検討してみてはいかがですか?

ハンドクリーム

冬の乾燥や荒れから手を守り、潤いを与えてくれるハンドクリームは、大変実用的なギフトです。とくに家庭をもつ方は、洗剤やお湯を使う回数も多いため、手が乾燥しやすく、ハンドクリームは手放せません。
ハンドクリームを選ぶときには、なるべく手に優しい成分を使った自然派のブランドにすることがポイント。敏感肌の人にも、安心して使ってもらえます。
パッケージもおしゃれな商品が多いため、ホワイトデーのギフトにぴったりです。

お酒・ドリンク

お酒やドリンクも、メーカーからギフト用にバラエティ豊かなラインナップがそろっているので、ホワイトデーのギフトに人気です。お酒は仕事が終わって家で飲む楽しみにつながり、ドリンクなら職場でも飲めます。
スイーツがあまり好きではない人には、お酒やドリンクのプレゼントはとくに喜ばれるでしょう。人気のワインやシャンパンをはじめ、お酒が飲めない相手には果汁100%ジュースや健康ドリンクなどもおすすめです。

ポーチ・ファッション小物など

送る相手が小物を持ち歩くことが多い場合は、カバンの中の整理に役立つポーチも使ってもらえる可能性が高いです。シンプルかつ洗えるタイプのものが、重宝されるでしょう。イニシャルなどの刺しゅう入りやガマ口のポーチも、ホワイトデーギフトとして人気があります。
また、おしゃれなキーケースやコンパクトミラー、ジュエリーケースなども、ファッションに興味のある人にとってはうれしい贈り物です!

まとめ

2022年度のホワイトデーがいつなのか、またホワイトデーの歴史背景や予算の相場などをご紹介してきました。「昨年は、気づいたらホワイトデーが過ぎていて、お返しのタイミングを逃した…!」という方も、今年は確実にホワイトデーのお返しができますね。本記事でご紹介したホワイトデーにおすすめのプレゼントも参考にし、センスのいいお返しギフトを贈って相手に喜んでもらいましょう!

ホワイトデーギフト特集TOPへ戻る

ページの先頭へ戻る