永年勤続の祝辞、失礼にならない言葉遣いとは?具体的な文例でチェック

永年勤続の祝辞では、相手より目上か目下かによって言葉遣いが変わってきます。自分なりに内容を工夫した祝辞は良いものですが、知らないうちに上から目線の言葉遣いにならないよう、基本をチェックしておきましょう。

法人・ビジネス特集ページはこちら

「お祝い・功労を称える・今後への期待」を

相手が目上の方なら尊敬の念を、目下の方なら謝意を込めて

永年勤続の祝辞に必須なのは
・お祝いの言葉
・功労を称える言葉
・今後に期待する(健康を気づかうなども)言葉
です。

目上の方への祝辞であれば相手の労をねぎらったり、期待をかけたりする立場にありませんから、功労に対して尊敬する気持ちを表し、今後についても“祈念”する、指導や力添えを求めるといった言葉遣いを心がけましょう。
目下の方への祝辞なら、功労に対する感謝の気持ちを伝え、また今後に“期待”する言葉遣いで。間で、共に苦労したエピソードなども振り返ると、感慨を深めていただけるでしょう。

気持ちが伝わる文例

社長、上司など目上の方から贈る永年勤続祝辞の文例

部下など目下の方から贈る永年勤続祝辞の文例

法人・ビジネス特集ページはこちら

ページの先頭へ戻る