Flower Kitchen JIYUGAOKA
花とスイーツ
お悔やみ
生花の鮮度管理のため、商品によってはお届け先可能エリアが限定されます。詳しくは各商品ページをご覧ください。

花ギフトのマナー

花選びのポイントは?
相手の好きなお花が分かる場合は、そのお花を中心に考えてみましょう。分からない場合は贈る相手、シーンにあった「花言葉」のお花の商品を選ぶのもおすすめ。パートナーの誕生日には「愛」という花言葉をもつ赤いバラを。送迎会では「感謝」の意味をもつガーベラ(ピンク)といったように、シーンと花言葉があうと花ギフトがより一層特別なものになります。
誰かに花を贈るときに気を付けたいNGマナーは?
花を贈るときに、まず気をつけなければならないのは花言葉。花言葉を調べずに、単に自分の好みや相手のイメージで花を選ぶと、思いもしないメッセージが相手に伝わってしまう恐れがあります。
「例えば、アジサイの花言葉は“心変わり”。結婚祝いには不向きな花です。また、花言葉は、花の種類だけでなく、花の色にも注意しましょう。例えば、黄色のバラの花言葉は“嫉妬”。お祝いするつもりが、相手をゾッとさせてしまいます」
花を贈るタイミングはいつがいい?
花束を贈るタイミングは、シーンによってそれぞれ異なります。誕生日や記念日などの大切な日に贈る花束は、当日より早く贈るのは構いませんが、遅れないようにするのがマナーです。逆に、出産祝いや引越し祝いのように、環境が落ち着いてから贈る方が良いケースもありますので、状況に応じたタイミングで贈りましょう。
ページの先頭へ戻る