トップ郵便局のおせち > おせちの意味 ー くわい

おせちの意味 ー くわい

くわい

  くわいは、お正月を逃せばなかなか食する機会のない珍しい野菜です。一般的に出回っている青くわいはほろ苦く、じっくり煮ていただくとホクホクとした食感で美味です。ただアクが強いので必ず水にさらし、米のとぎ汁で下茹でしましょう。ピンポン球のような塊茎から突き出た芽を「芽出たい(めでたい)」として縁起を担いでいます。また、空に向かってまっすぐ伸びた芽を出すくわいの姿を、出世する人間の姿に重ね合わせ、「立身出世」の象徴とも考えられています。縁起のいいくわいの形を崩さないように、芽は残し、丁寧に塊茎の皮を剥いて六角形または八角形に形作ります。これは万年生きるとされる亀をかたどっており、「不老長寿」を願うためです。

  • くわい
  • くわい
ページの先頭へ戻る