ギフトストア

慶事、出産祝い、結婚祝い、弔事、カタログギフトまで

出産祝いとは|ギフト通販なら郵便局のギフトストア

出産祝いとは

知人や友人、親族の出産をお祝いするために贈る出産祝いですが、その形式には大きく分けて3種類ありプレゼント・現金もしくは商品券・手紙やメール、電報によるお祝いメッセージです。大抵の場合はプレゼントか現金・商品券のどちらかだと思いますが、出産した方との間柄によってはメッセージのみでも十分でしょう。またギフトを頂いた方へのお返しとして出産内祝いがあります。これは生まれた子供の名前のお披露目という意味合いもあるため、子供の名前を間違わずに読んでもらえるようふりがながあると親切です。出産後は色々と忙しい時期でもありますが、出来る限りお祝いを頂いてから1ヶ月以内に贈るのがマナーとなっているので時間を見つけて準備をしましょう。しかしどうしても手が回らない事情がある場合は2ヶ月以内を目安にしましょう。出産内祝いの金額は贈られたギフトの2分の1から3分の1くらいのものが適していますが、感謝の気持ちをこめて選んだものであれば伝わるはずです。

出産祝い

出産内祝いは必要?

知人や友人や親族に出産祝いをいただいたら、そのお返しとしての出産内祝いは必要なのでしょうか。一昔前までは出産内祝いは当たり前のマナーでした。また、今でも地域によっては、また、その方との間柄によっては、内祝いがないと常識のない人と思う人もいるでしょう。しかし、出産を終えた時期は皆が経済的にも体調的にも余裕があるわけではありません。余裕があるのであればきちんとお返しをするに越したことはありません。本当に余裕がなければ、無理して返さなくてもいいかもしれません。その場合には必ず感謝の気持ちは電話やメールでも良いのできちんと伝えましょう。さて、出産内祝いを贈ることが決まったら、気を付けなければいけない出産内祝いのマナーについても知っておきましょう。まずは贈るタイミングです。産後1〜2ヶ月の間に贈るのが良いでしょう。早すぎても遅すぎてもマナー違反です。また、金額についても注意が必要です。相場はいただいた出産祝いの1/2〜1/3です。高すぎると生意気だと思われてしまうかもしれませんし、安すぎるとけち臭いと思われてしまうかもしれません。そして「出産内祝い」と書いた熨斗も忘れずに。本来出産内祝いというのは赤ちゃんをお披露目する機会なので、メッセージカードに赤ちゃんのお名前をふり仮名もふって添えるのも良いですね。ただし、ここでも気を付けなければいけないことがあります。赤ちゃんの写真です。両親はともかく、受け取った相手が処分に困ってしまう事もある為、愛くるしいわが子の写真も添えたい気持ちは押さえましょうね。

子供用雑貨

出産祝いのギフト選びについて教えて!

いざ身内や知り合いの出産の知らせに対してお祝いのギフトを贈ろうとした時に、一体どんなものにするべきか悩んだことのある人も多いはずです。特に子供のいない人にとっては何が喜ばれるものなのかあまり見当がつかないでしょう。最近人気なのはおむつケーキというおむつを何枚も重ねて作ったケーキ状のものにおもちゃやタオルなどを飾り付けるものです。ただこれは他の人と重なる可能性が高く、希望された時以外は避けた方がいいかもしれません。服を贈る場合はすぐに大きくなってしまう赤ちゃんのために80cm前後のものが喜ばれるでしょう。4〜5ヶ月ごろからよだれが多くなるためスタイも喜ばれます。そしてやはり現金や商品券は好きなものや欲しいものが買えるため、もらって迷惑されることがなく無難です。赤ちゃんへの贈り物でなくお母さんへの贈り物をするという選び方もあります。あまり自分にかける時間がないお母さんのために手軽な美容グッズなどがおすすめです。

画像はイメージです。