ギフトストア

慶事、出産祝い、結婚祝い、弔事、カタログギフトまで

結婚祝いとは|ギフト通販なら郵便局のギフトストア

結婚祝いとは

結婚祝いとは新郎と新婦の新たな門出をお祝いするために贈るもので、現金だけでなくギフトを贈ることも多くなっています。現金の場合は贈る相手との関係性や年齢なども考慮しなければなりませんが、ギフトの場合は金額ではなく気持ちを伝えることができるというメリットがあります。贈る側は相手の好みや人柄に合った品物が選べますし、贈られる側はこれから始まる新生活を彩ってくれるものですから、お互いが幸せな気持ちになれるでしょう。結婚祝いを選ぶときは単に好みで選ぶのではなく、マナーを心得ておくことも大切です。実用性を重視するあまりに、結婚という門出にふさわしくないものを選んでしまう可能性もあるので、選んではいけないものはしっかりマスターしておくといいでしょう。例えば包丁やハサミのような切る道具が挙げられますが、一見すると便利に使えるキッチン用品でも縁を切るという意味を含んでいるので気を付けましょう。また花瓶のような陶器も割れるので選ばない方が無難です。

結婚祝い

結婚内祝いは必要?

職場の同僚や友人、知人が結婚したときは、結婚祝いを贈ったり、それを結婚内祝いでお返しすることが一般的です。お祝いの気持ちは、言葉で表すことも可能ですが、やはり品物を贈った方が相手も喜んでくれますし自分自身も幸せな気持ちに包まれるでしょう。結婚式に招待されて出席すれば、会場で直接お祝い金という形で渡すことができますが、結婚式を挙げていないカップルや招待される程、新郎・新婦と近い関係ではないといったケースでは、ギフトを贈った方がよいでしょう。特に、職場の仲間ならその後の人間関係にも影響が出ることが考えられる為、お祝いしてあげた方が、今後の関係にも気持ちが良いものです。また、結婚内祝いは一般的に式にお呼びできなかった方、お祝いをいただいた方などへお送りします。ではいったい、結婚内祝いはどういったタイミングでどれぐらいの価格感のものを用意する必要があるのでしょうか?まず、お祝いしてもらったら、お礼が第一です。「きちんと届きました。ありがとうございます。」とお礼の言葉を伝えましょう。ここで気を付ける必要があるのが、メールやSNSなどでの御連絡です。最近は連絡を取り合うことが大変便利な世の中になりましたが、やはりきちんとお礼の気持ちを伝えたい場合は、メールやSNSなどでは失礼にあたりますよね。結婚内祝いを送るタイミングは、式が終わってからだいたい1カ月以内が望ましいでしょう。これ以上遅れる場合は、受け取る側としてもあまりうれしいことではありません。予算はだいたい頂いた半額を目安に商品を選びましょう。

フラワーアレンジ

結婚祝いのギフトの選び方について教えて!

結婚祝いのギフト選びで迷ってしまった場合、実際に選ばれている品物の人気ランキングを参考にするという方法もあります。新居で、便利に使える品物が喜ばれるので選ぶ前にジャンルを決めて選びやすくしましょう。ギフトの選び方は、贈る相手が新郎か新婦によって変わってきます。女性側が知り合いなら、キッチン用品やお花が喜ばれますが、男性側に贈る場合は新居に飾るインテリア用品や電化製品がおすすめです。キッチン用品で人気の品物と言えば、調味料入れやエプロン、トレー、マットなどが挙げられます。どれも毎日使うものですし、キッチンやダイニングをお洒落に彩ってくれます。結婚祝いを受け取った側は、反対に結婚内祝いを贈ることになりますが、結婚内祝いでは相手の好みで選べるようにカタログギフトを選ぶ方が多くなっています。カタログには様々なジャンルの商品が揃っている為、相手の好みがわからない場合でも安心です。結婚内祝いは出来るだけ1ヶ月以内に贈りましょう。

画像はイメージです。