2017年 郵便局のネットショップ お中元ギフト特集は終了いたしました。

郵便局のネットショップのお中元ギフト特集では、人気のお酒ギフトをはじめ、定番グルメから選べるカタログギフトまで、豊富なラインナップでご紹介しておりました。

トップ > 郵便局のお中元2017

郵便局のお中元2017 - お申し込み期間:2017年5月22日(月)〜2017年8月10日(木)まで ※郵便局窓口でのお申込みは2017年8月7日(日)まで

お中元ギフトの通販なら、郵便局のネットショップで。人気のうなぎ、ビール・ハム・スイーツなどの定番ギフトから、
プレミアムギフト、旬の味覚、全国の産直グルメまで厳選された夏の贈り物を取り揃えています。
全商品送料・消費税込。お中元でお世話になった方々へ感謝の気持ちを贈りましょう。

郵便局のおすすめギフト

お中元ギフト 人気ランキング

 

お中元の豆知識

お中元とは?

お中元とは、「仕事などでお世話になっている方々に感謝の気持ちを込めて物を贈ること」。
「中元」という言葉は元々、陰暦7月15日・三元(上元(1月15日)・中元(7月15日)・下元(10月15日))の一つ。道教の祭日でした。
お中元が日本に伝わり室町時代になると、武家の間で分家から本家へ一年の節目に贈り物をする風習として広まり始めます。
江戸時代には商人たちの間にも広まり、お中元は、取引先へご挨拶として贈り物をする贈答習慣として定着していったのです。

お中元を贈る時期は?

お中元ギフトは、首都圏と関西や地方で贈る時期に違いがあるといわれます。
東京をはじめとする首都圏では、7月初め〜7月15日頃まで、関西や地方では、7月初め〜8月15日頃までに贈るのが一般的です。
お中元を贈る時期で迷ったら、どの地域でも贈る時期が重なっている7月1日〜7月15日までに贈るのがおすすめです。

お中元の定番ギフトは?

お中元は、昔は対面で直接感謝の気持を伝え、手渡しするのが礼儀正しいとされていました。
しかし、現在は仕事上の取引先の企業宛てに多数送ったり、離れて住む両親・祖父母・親戚など遠方へ贈ったりすることが多くなりました。
そのためデパートや通販サイトから配送してもらうことが増えています。通販サイトであれば、のしや送り状の書き方に悩まずに済み、便利です。

お中元を贈る時期は?

お中元といえば「ハム」が思い浮かびますね。他にも夏の定番ギフトとして、ビールや ジュースのセット、そうめん、ゼリー、うなぎなどが人気です。受け取った相手が好きな商品を選べる、カタログギフトもおすすめです。当サイトの人気ランキングも参考にしてみてください。
贈る相手の好みに合わせたギフトを選ぶことが、感謝の気持ちを伝えるために大切なポイントです。

お中元「のし」の書き方は?

一般的に、お中元を贈る時期によって、のしの書き方が変わります。
・7月初め〜7月15日(中元)までは、「御中元」
・7月15日(中元)〜8月7日(立秋)頃までは、「暑中御見舞」
・8月7日(立秋)〜9月上旬まで、「残暑御見舞」
各地方によってお中元として贈れる期間が異なりますので、注意してください。

※商品画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合があります。
ページの先頭へ戻る