2017年ホワイトデーお返しギフト特集は終了しました。郵便局のネットショップでは、バレンタインギフトのお返しにぴったりな人気のチョコ、クッキー等のスイーツ、
お菓子以外の雑貨、美容グッズまで豊富にご用意しておりました。次回は2018年オープン予定です。

郵便局のネットショップTOP > ホワイトデーお返しギフト

ホワイトデー
2017年3月14日、ホワイトデーのお返しは郵便局のネットショップの通販で、早めにご準備を。
バレンタインにもらった義理チョコや本命チョコへのお返しに、人気チョコレート、クッキー、紅茶、定番のフラワーギフトまで豊富にラインナップ。
 
お申込み期間,お届け期間 カタログをお持ちのお客様はこちら
お申込みについての注意事項
 
 
予算から選ぶ
 
配達期間から選ぶ
 
目的から選ぶ
 
おすすめから選ぶ
本格チョコ 義理チョコ 友チョコ
 

<本命>お返しスイーツ

本命チョコのお返しギフト選びで迷ったら、定番人気のスイーツがおすすめ。東京ガールズコレクションがプロデュースしたスイーツや、ゴディバ・銀座千疋屋など有名ブランドのお菓子を豊富に取り揃えました。

東京グラサージュ銀座千疋屋,銀座フルーツタルト
女の子が欲しい商品、女の子にあげたら喜んでもらえる商品をコンセプトに、味、パッケージにこだわりました。「東京ガールズコレクション」がプロデュースした商品です。

ほんのりチーズが香る 生地を入れ香ばしく焼き上げたタルトに、見た目にも鮮やかなフルーツゼリーと果肉をトッピング。 限定数3,000 
東京グラサージュ
2,150円
(送料・消費税込)
〈銀座千疋屋〉
銀座フルーツタルト
3,240円
(送料・消費税込)
 
 
 
パティスリー モンシェール,ロール達の舞踏会アンリ・シャルパンティエ,ガトー・キュイ・アソート
見た目はロールケーキそのもの。滑らかなチョコとさくさくのクッキー生地で7つの美味しさを表現いたしました。

色とりどりのかわいらしい焼き菓子に加え、フィナンシェとマドレーヌを詰合せました。 限定数6,000 
〈パティスリー モンシェール〉
ロール達の舞踏会
2,050円
(送料・消費税込)
〈アンリ・シャルパンティエ〉
ガトー・キュイ・アソート
2,700円
(送料・消費税込)
 
 
 
フランセ,果実をたのしむミルフィユ,いちごフランセ,果実をたのしむミルフィユ,れもん
甘みと酸味のバランスがよいいちごクリームをパイでサンドし、ホワイトチョコレートで包みいちごパウダーでトッピングしました。 限定数10,000 
爽やかな香りと酸味の広がるレモンクリームをパイでサンドし、レモン味のコーティングチョコレートで包みました。 限定数10,000 
〈フランセ〉
果実をたのしむミルフィユ
いちご
2,400円
(送料・消費税込)
〈フランセ〉
果実をたのしむミルフィユ
れもん
2,400円
(送料・消費税込)
 
 
 
 

<義理>お返しスイーツ

職場での義理チョコ、家族からのファミリーチョコのお返しギフトに最適!まとめ買いしやすいセット、配りやすい個包装のスイーツやお子様も喜ぶキャラクターお菓子など、大人から子供まで楽しいスイーツギフトを取り揃えました。

« 義理チョコのお返しに »

坂井宏行の鉄人生チョコ 3箱セットメリーチョコレート,ファンシーチョコレート 3箱セット
洗練された風味のフランス産ヴァローナチョコレート等を使用し、なめらかさとしっとり感を残したまろやかなチョコレートです。 限定数5,000 

バラエティ豊かに甘いストーリーが詰まったひと箱。小粒で可愛らしく、口の中でなめらかにとろけ、広がる多彩なフレーバー。 限定数7,000 
坂井宏行の鉄人生チョコ
3箱セット
2,420円
(送料・消費税込)
〈メリーチョコレート〉
ファンシーチョコレート
3箱セット
2,140円
(送料・消費税込)
 
 
 
 

« お子様、ファミリーチョコのお返しに »

キョロちゃん ホワイトデーギフトセットハローキティ ミニゴーフル 3缶セット
森永の代表的なクッキーなどのお菓子を詰合せました。 限定数3,000 

ハローキティをゴーフルとミニゴーフル缶にデザイン。バニラ・ストロベリー・チョコレートの3種の風味をご賞味ください。 限定数5,000 
キョロちゃん
ホワイトデーギフトセット
2,380円
(送料・消費税込)
ハローキティ
ミニゴーフル 3缶セット
1,950円
(送料・消費税込)
 
 
 
 

<おすすめのお返し>花、ギフトセット

ホワイトデーにぴったりのフラワーギフトや人気のスタジオジブリのミニタオルなど、「カワイイ」が詰まったプレゼントをお返しするのもおすすめです。

フラワー&スイーツバスケットクヴォン・デ・ミニム,ホワイトデーセット
可愛らしいマーガレットの鉢植えと、花のギフト社で人気の2種類のアーモンドボールのセットです。ホワイトデーピック付。

ほのかに甘いシトラスのシリーズ、オーデミニムのトラベルセット。女心をくすぐるポーチ付き。 限定数2,500 
フラワー&スイーツバスケット
2,580円
(送料・消費税込)
〈クヴォン・デ・ミニム〉
ホワイトデーセット
2,730円
(送料・消費税込)
 
 
 
 

こちらもおすすめ! 話題のグルメ・グッズ

贈る相手の趣味にあわせたギフトもおすすめ。人気のハンドクリームや話題スイーツ、グルメ、美容家電、キッチングッズ、ワインからアクセサリーなど、差が付くこだわりのお返しをプレゼント。
※お申込み期間、配送期間等が異なります。詳細は各商品詳細ページをご確認下さい。

美容グッズファッション・小物男のこだわり逸品
 
スイーツ・グルメ お酒・ワイン
 
 
 
 
 
 


ホワイトデーの豆知識
【ホワイトデーとは? 】

2月14日の【バレンタインデー】に対して、【ホワイトデー】は3月14日と1ヶ月後にあります。

日本では、【バレンタインデー】に女性が男性に想いを告げるとともにチョコレートをプレゼントして、【ホワイトデー】に男性はバレンタインデーのお返しにプレゼントをする風習が広まっています。

【ホワイトデー】は、【バレンタイン】の由来となっているバレンチノ司教の殉教からひと月後に、再び愛を誓い合う日として世界中に広まっています。

海外では「クッキーデイ」「マシュマロデイ」「ポピーデイ」などと様々な呼称をされています。 しかし、【バレンタイン】と比べると、【ホワイトデー】は文化的にしっかりと定着している国や地域は欧米には少なく、【ホワイトデー】の存在すら知らない人も多いとのことです。

【ホワイトデー】の文化自体は日本・韓国・台湾・中国などの東アジアでは広がっています。

日本で【ホワイトデー】が最初に行われたのは、1980年の3月14日でした。1978年に全国飴菓子工業組合の名古屋総会で【ホワイトデー】が採択されました。

元々はキャンデーの販促が目的であったためにキャンデーの日という案もありましたが、ホワイト(白)は純白=純心を意味し、10代のピュアな恋愛にマッチするということで【ホワイトデー】になりました。
そのため、【バレンタイン】とは違い【ホワイトデー】は日本固有の呼称です。

【ホワイトデーお返し】

ホワイトデーのお返しには、マシュマロやクッキー・キャンデーやチョコなどのお菓子をバレンタインデーのお返しとして渡すという文化でした。

ホワイトデーは、バレンタインデーで想いを込めてチョコをプレゼントした側には待っても待ちきれない日。ホワイトデーのその日を、相手からのお返しが貰えるのか貰えないのかとドキドキしながら迎えることでしょう。 最近はお返しにお菓子をあげるだけではなくなってきています。ホワイトデーにお返しとしてアクセサリーなどのプレゼントをお返しすることも多くなってきているようです。

お返しに何をあげるのかは、相手との関係性に拠るところが大きく、例えば義理チョコに対してはお菓子を贈り、本命チョコに対してはお菓子だけではなくアクセサリーなどのプレゼントを贈る。パートナーには、モノだけでなくディナーを含めて一日のデートそのものをプレゼントするというように【お返し】は様々です。

2017年のホワイトデーには、大好きなあの人への本気のお返し、義理チョコのお返しに郵便局のホワイトデーのギフト特集でお菓子などのプレゼントをお選び下さい。

【貰ったら嬉しいホワイトデーのお返しギフト】

こちらでは、ホワイトデーに貰ったら嬉しいギフトを紹介します。

〈彼女・本命へのお返し編〉

○アクセサリー
やはり、彼女や本命の女性は、ホワイトデーで男性からのお返しにアクセサリーを期待しているようです。
彼女や本命の女性は、バレンタインデーに気持ちのこもった(気合の入った)手作りチョコやディナー・マフラーやアクセサリーのプレゼントを贈っている場合も多いので、そのお返しにホワイトデーでは高価なプレゼントを期待するのかもしれません。

○お返しなんて何もいらない
「私のことをちゃんと大切に想ってくれているなら、お返しなんて何も望まない。」というのが2番目に多い意見のようです。
とはいえ、お菓子や花などのプレゼントをもらって嫌がる人はいないもの。気持ちをこめたギフトを贈るのがオススメです。

○食事
彼女や本命女性のなかには、お菓子やアクセサリーなどのギフトを貰うよりも、ホワイトデーという一日のスケジュールをしっかりとあけてくれて、プランをねってくれ夜には素敵なディナーをセッティングしてほしいと願う人もいるようです。特にバレンタインデーに素敵なプレゼントやディナーをプレゼントされた方には、人一倍の期待を寄せられているはずです。いつも素直な感情を表せない不器用な方も素敵なプランを用意してみてはいかがでしょうか。

〈義理チョコへのお返し編〉

○お返しはいらない
バレンタインでの義理チョコは、恒例行事であり、お世話になった方や職場の同僚などにあげるものです。そのため、最初からホワイトデーにお返しギフトなんて気にしていない女性が多いようです。

○お菓子
義理チョコには、それ相応のお菓子のお返しを貰えたら嬉しいという女性も多いようです。
何もいらないと思ってはいても、お菓子などのお返しギフトを貰えたら嬉しいものです。
当通販サイトでは、義理チョコのお返しに最適な皆で食べられるようなスイーツや複数箱セットのスイーツを多く取り扱っているのでお試しください。

○アクセサリー
自分は、義理チョコしかあげていないのに男性からはホワイトデーのお返しに高価なアクセサリーを期待してしまっている女性もいるようです。
小悪魔的な女性には注意しましょう。しかし、バレンタインデーに義理チョコを貰った相手が意中の女性である場合もあるでしょう。そんな時は、迷わずに気合の入ったプレゼントをお返しして想いの丈を伝えるのも素敵ですね。
当通販サイトでは、アクセサリーやファッショングッズなどのギフトも取りそろえています。

ホワイトデーと「3倍返し」

ホワイトデーのお返しは、「3倍返し」と言われることがあります。

某人気ドラマで「倍返し」という言葉が流行しましたが、ではこのホワイトデーのお返しは「3倍返し」とは、どこからきているのでしょうか。
ホワイトデーの始まりは、1980年3月14日です。当時は非常に景気がよく、とりわけ1986年12月から1991年2月までの51ヵ月は「バブル景気」と言われ、経済活動が活発な時期でした、またレディーファーストが世間に広まってきた頃でした。

車で送り迎えをしてくれる男性、「アッシー」なんて言葉が生まれたのもこの時期でした。 女性の社会進出、女性が男性に対して優位に立つ様になってきた時代であったとも言えます。 そうした、好景気とレディーファ−スト・女性の優位性が絡み合い、バレンタインデーのチョコや ギフトに対して、ホワイトデーのお返しは「3倍返し」などと言われるようになったのだと思います。

では、実際に「3倍返し」でホワイトデーのお返しをしている人がどれほどいるのでしょうか。
バブルの時代は、確かに好景気であったので、ホワイトデーのお返しを「3倍返し」にしていた人も 多かったかもしれません。しかし、近年はホワイトデーのお返しといえば「3倍返し」ということ自体、少なくなってきたようです。


 
 
ページの先頭へ戻る