グッズストア

お手入れのしおり

ホオズキ

ホオズキ画像
名称
ホオズキ
分類
ナス科
説明
ホオズキは、梅雨には白い小さな花を咲かせ、夏になると実が赤く色づくナス科の宿根草です。江戸時代から続く東京の下町浅草のほおずき市は夏の風物詩として有名です。
置き場所
日光を好みますので、日当たりのよい戸外に置いてください。但し、真夏の直射日光により用土が乾燥しすぎないよう注意してください。冬になると上部が枯れてしまいますが、根は残っており、寒さにも強いので、冬でも日当たりのよい戸外で大丈夫です。
水遣り
乾燥を嫌いますので、水切れに注意します。特に夏は、鉢土の表面が乾きかけたら鉢底穴から水が流れ出るくらいたっぷりと与えてください。その際、鉢皿などにたまった水は根腐れの原因となるので捨てるようにします。夏以外の季節は、鉢土の表面が乾ききったら水を与えてください。
肥料
春から花が咲く頃までは、液体肥料なら月に2-3回、固形肥料なら1ヵ月半に1回程度与えてください。

この植物のよくある質問

  • 種を買いましたが、育て方と用土と、いつ蒔いたらよいか教えてください。

    種の袋に基本的なことが書いてあるはずですからよく読んでそれに従うようにします。排水のよい日当たりを好みます。ナス科の植物は寒さに弱いので種まきは春十分暖かくなったころがよいでしょう。ほおずきは冬になると上部は枯れますが根が残ってまた春に芽を出す宿根草です。

  • 苗が大きくなり花も次々咲くのですが実になっていきません。何故でしょうか?対処法を教えて下さい。

    ほおずきは最初のうちは花が咲いても実になりにくいのですが秋口に近くなるほど実が止まりやすくなります。葉が虫によく食べられますので消毒をまめにしておきましょう。

  • 鉢植えのほおづきが枯れてしまいました。来年も楽しむことができますか?どのようにしておけばいいのですか?

    ほおずきは基本的には宿根草ですからもし根まで枯れていなければまた芽が出るかもしれません。庭のようなところがあったならばそこに植えつけておけばよいでしょう。庭がなければ鉢植えのままで外の軒下などに置いて水やりをわすれずに与えておきましょう。

  • ほおずきを育ててみたいのですが購入時期や詳しい育て方を教えていただきたいと思います。

    ほおずきは7月の浅草でのほおずき市を中心に市場に出荷される宿根草です。基本的には丈夫な植物で日当たりのよいところで土の表面が乾いたならば水やりして育てます。虫に葉を食べられやすいので時々殺虫剤で消毒をしてあげましょう。冬は上部が枯れて根だけになります。

お手入れのしおり TOPへ

ページの先頭へ戻る