グッズストア

お手入れのしおり

ハイビスカス

ハイビスカス画像
名称
ハイビスカス
分類
アオイ科
説明
マレーシアの国花で、ハワイの州花。原産地は中国南部、インドの説がありますが、品種数がもっとも多いのは、ハワイで交配によりつくられた園芸種のハワイアン・ハイビスカスです。一輪咲いただけでも夏を感じさせる大輪の花は長年に渡って多くの人々に愛されており、上手に育てれば半年近くも咲き続けます。
置き場所
日光を好む植物ですから日光によく当てて育ててください。日陰に置くと花つきが悪くなり、枝が徒長してきます。花芽は新しく伸びた枝に次々につくので、早め早めに剪定して枝の数を多くしてやるとつぼみがたくさんつきます。冬越しは、屋外では困難で、室内でも最低温度が5℃以上は必要です。
水遣り
土の表面が乾いたらたっぷり与えます。真夏は乾きやすいので目安として毎日1-2回早朝か夕方に水やりをしてください。日中に水やりをすると、与えた水が高温になり、根を傷めることがあるので注意しましょう。寒さが加わってくるにしたがって日中の暖かい時に水をやるようにします。受け皿等にたまった水は根腐れの原因となるので捨てるようにします。
肥料
春から秋は月に1-2回程度固形の肥料を与えます。冬の期間は、与える必要はありません。

この植物のよくある質問

  • 日当たりのよい窓際へ置いたのですがなんだか葉につやがなくなり元気がないみたいです。花は毎日2~3個咲いてくれますが…肥料をあげたほうがよろしいでしょうか?

    ハイビスカスが咲かないのは日当たりが悪いからです。暖かい時期によく日に当てればたいていは咲いてくれます。もし伸び過ぎているならば形のよいところで剪定しておいて下さい。これから暖かくなるのでどんどん生長して花をつけるでしょう。根詰まりしていなければ植え替えの必要はありません。少し何か肥料も与えておけば効果的です。

  • 何度か鉢を倒してつぼみが全部なくなってしまったんですがそれから葉が黄色くなって枝だけになりかけています。これから育ってくれるんでしょうか?このままで大丈夫?

    コリウスはシソ科の植物で葉の模様を楽しむ植物です。直射日光でもよく育ちますが真夏は明るい半日陰の方がよいでしょう。伸びてきたならば適当にカットしてボリュームを付けましょう。また花が咲いてきたならば切り取っておくようにします。株が長持ちしなくなります。寒さに弱いので一年草として扱います。

  • 室外で育てて、枯れて室内にしてみたら回復した。今後どの様にすればいいですか?

    外でだめになったのはどうしてでしょう。冬に寒さに当たって枯れてしまったのでしょうか。ハイビスカスは本来常緑の植物ですが、寒いと葉が落ちて枯れたように枝だけになり春暖かくなるとまた葉が出てきます。元々日光が好きな植物ですから部屋の中でもよく日があたれば、そこでも栽培できるでしょう。しかし日当たりが悪いと花は期待出来ませんので、日当たりのよいところで土の表面が乾いたならば水やりして管理しましょう。

  • 買って2年目、茎が伸び放題で花が咲きませんでした。土を替えるにも種類とか手順を知りません。教えて下さい。

    ハイビスカスが咲かないのは日当たりが悪いからです。暖かい時期によく日に当てればたいていは咲いてくれます。もし伸び過ぎているならば形のよいところで剪定しておいて下さい。これから暖かくなるのでどんどん生長して花をつけるでしょう。根詰まりしていなければ植え替えの必要はありません。少し何か肥料も与えておけば効果的です。

  • 去年の夏咲いた木に芽が出てきました。この木を中心に夏咲きの花と寄せ植えをしたいのですが相性は大丈夫でしょうか?

    ハイビスカスは日当たりを好みますので、寄せ植えするときには日当たりを好む植物ならばいっしょに植えて楽しむことができます。できるだけ性質の似かよったもの同士を寄せ植えするのが理想的です。

お手入れのしおり TOPへ

ページの先頭へ戻る