おすすめ・新着特集

お手入れのしおり

ミディ胡蝶蘭

ミディ胡蝶蘭画像
名称
ミディ胡蝶蘭
分類
ラン科ファレノプシス類
説明
ビクトリア王朝の時代、ランは、彫刻や絵画の傑作にも匹敵するほど高価で貴重なものでした。なかでもコチョウランの高貴な美しさに、人々は賞賛を惜しみませんでした。ファレノプシスの名前の由来は、ギリシャ語で蝶に似たという意味で、あたかも蝶が舞うような姿からこの優雅な名があたえられています。
置き場所
冬季は15℃、できれば18℃を保てる日当たりのよい場所が望ましいですが、この温度を保つには簡易温室が必要です。簡易温室がない一般家庭では、できるだけ暖かい場所に置き、最低7℃は保てるようにします。これ以下になると株が枯れてしまいます。ただ、暖かい場所といっても暖房の風が直接当たる場所は避けてください。秋から春にかけてはガラス越しの日光がよく当たる場所に置きます。夏の間は直接日光が当たらない屋外に置くようにします。(夏季は50-60%の遮光が必要)
水遣り
春から秋の温度の高い時期は水苔が乾いたら鉢底穴から水が流れ出るくらいたっぷり与えますが、秋の半ばから水はやや控えめにしていき、冬季は乾かしぎみにします。特に低温になる場合、水やりは控え、目安として1週間に1回程度とします。また、冬季は乾燥しやすいため、株全体に霧を吹きかけてやることも必要です。特にツボミがついている場合、空気中の湿度が下がるとツボミが落ちやすくなるので注意しましょう。
肥料
1週間に1回、市販の液肥を水やりを兼ねて、規定の濃度よりやや薄めにして与えるとよいでしょう。ただし、開花中および15℃を保てない冬季は与えないようにします。

この植物のよくある質問

  • ピンクのミディコチョウランを頂いたのですが、室内で育て方はどうすればいいのですか?今咲いてますが今度はいつ花をつけるのですか?来年も咲かすにはどうすればいいですか?

    ミディ胡蝶蘭は明るい半日陰(レースのカーテン越しの明るさ)を好む植物です。花が終わったならば花の咲いている軸を元から切り取って、寄せ植えになっている場合はひとつひとつを根鉢と同じ大きさの素焼き鉢に新しい水ごけで植え替えて管理しましょう。週一の頻度で液肥を与えておきます。寒さには弱いので冬期は10度以下にならないように保護しておきます。

  • 黄色系でリップの色が違う色のを去年見た気がするのですが母の日に贈りたいので花の名前を知りたいのですが教えて下さい。

    らんの品種名まではわかりかねます。わかってもその品種が手に入る保障がありません。花屋さんで直接商品を見て気に入ったものを贈るようにしましょう。

  • 母の日に鉢植えをもらい花が今咲いていますが、花後どこで切れば良いのか教えて下さい!水こけの交換や植え替えは毎年いつするの?根が水こけから上に出てるのですが大丈夫なの?

    花軸の下から数えて3節目の上(支柱がカーブしている辺り)で切っておくと2ヵ月後ぐらいに2番花が楽しめることがあるので試みるとよいでしょう。それが終われば元から切り取ります。植え替えは2-3年に一回、花後に取れる範囲で古い水ごけを取り除き、傷んだ働いていない根は切り取って新しい水ごけで根をくるむようにして植えつけます。鉢は大きくしないのがコツです。根は空気を好むので外に出ていても特に問題はありません。

  • 花鉢を頂くのですが、育て方や管理場所や来年も育てるにはどうしたらいいかなど、イロイロ教えて下さい!またこの花の特長なども教えて下さい!

    ミディ胡蝶蘭はレースのカーテン越しの明るい半日陰を好みます。寒さには弱いので最低12度以上で管理しましょう。水やりは水ごけの表面が乾いたならば与えますが、冬はやや乾かしぎみに管理します。

お手入れのしおり TOPへ

ページの先頭へ戻る