おすすめ・新着特集

お手入れのしおり

マーガレット

マーガレット画像
名称
マーガレット
分類
キク科
説明
キク科の多年草で、春を代表する花として人気があります。長期間花が楽しめ、春花壇などには欠かせません。白花種が最もポピュラーですが、ピンク、黄色や八重咲きのものもあり、鉢植え、切り花の両方に使用されています。
置き場所
日光を好みますので、できるだけ日当りのよい屋外に置いてください。真夏だけは直射日光は避け、風通しのよい場所で育てます。寒さに弱いので、冬、霜の降りるような場所では室内に置き、夜間の冷えこみに気をつけてください。
水遣り
水が不足するとしおれやすいので、水切れに注意し、鉢土の表面が乾いたら鉢底穴から水が流れ出るくらいたっぷりと与えてください。鉢皿等にたまった水は根腐れの原因になるので捨てるようにします。ただし、夏と冬は過湿に注意し、むれないようにしてください。
肥料
春5月と秋10月頃に、液肥を1週間に1回程度与えてください。

この植物のよくある質問

  • 基本的な育てかたを教えて下さい。

    日当たりを好むのでよく日に当てましょう。土の表面が乾いたならば十分水を与えておきます。月に二回ぐらい液肥を与えておきましょう。寒さにはあまり強くない(暖地ならば外でも越冬可)ので冬は部屋の中に入れよく日に当てて管理します。6月頃まで花が楽しめます。

  • 苗を買って植えました。背丈は20センチほどになり蕾も10コぐらいありますがまだ花が咲きません。植えてから1ヶ月ぐらいになります。

    マーガレットは寒さに弱い植物なので、日当たりがよければ暖かくなるにつれて咲いてくれるでしょう。今年は現在寒い気候が続いているので咲かないのかもしれません。日当たりのよいところにおいて土の表面が乾いたならば水やりして管理しましょう。

  • 来年にまた花を楽しむために花が終わってからの管理の仕方を教えてください。

    マーガレットは暖地ならば路地植えでも育ちどんどん生長して木のようになり暴れてきます。適度に枝を切り込んで形を整えておきましょう。同じように小さく保つには挿し芽をして新しく株を仕立て直すのがよいでしょう。

  • 3年目の春を迎えたマーガレットがかなりの大株になりました。今春の開花後スタンダート仕立てにしたいと思います。その方法、注意点等教えて下さい。

    スタンダード仕立てにするにはまず下枝を落として、上部を大体丸い感じに剪定しておきます。上部は一度に短くしないで生長したならば枝先を留めるようにして分枝を促します。植物には頂芽優性という性質があり、頂芽がなくなると分枝して枝わかれする性質があります。この性質を利用して枝数を増やしましょう。

  • 蕾はたくさんできるのですが、咲かずに枯れてしまったり、咲いても以前よりも花が小さい様なのですが。

    今までよく咲いていたものが、暑くなるとつぼみが小さくなったりして途中でだめになったり、花も小さくなる傾向があります。肥料も不足していることが多いからです。

お手入れのしおり TOPへ

ページの先頭へ戻る