グッズストア

お手入れのしおり

マスデバリア

マスデバリア画像
名称
マスデバリア
分類
ラン科マスデバリア属
説明
中南米原産のランで、主に高山の霧が常にでているような冷涼な地帯に自生しています。ランの中では小型で、非常に鮮明な色の花をつける品種が多く花の形がユニークです。花の先の方が細長くアンテナ状になるのが特徴です。
置き場所
秋から翌年の梅雨にかけては室内のレースカーテン越しくらいの明るさで管理し、真冬でも最低気温が10℃以下にならないように注意します。夏は西日を避け、戸外の半日陰に置きます。気温が25℃以上になると生育が衰えるので、風通しを良くして涼しい場所で管理しましょう。
水遣り
冬でも乾燥させないように、水ゴケが乾ききらないうちに水やりし、霧吹きなどでこまめにケアします。特に夏期は、たっぷりと与えましょう。
肥料
生育期の秋と春に月2回ほど薄めの液肥を施してください。

お手入れのしおり TOPへ

ページの先頭へ戻る