グッズストア

お手入れのしおり

花束

花束画像
名称
花束
分類
生花(切花)
説明
花々をバランスよく組み合わせてラッピングした花束は、ラッピングをはずしてそのまま花瓶に活けたり、たくさんの花瓶にちょっとずつ飾り、いろんな場所で楽しむことができます。リビングや玄関先など、お部屋のインテリアとしてもアレンジできます。
置き場所
直射日光を避けてください。乾燥に弱いので、エアコンの風が直接あたらないよう、なるべく涼しいところに置くと、長く楽しめます。
水遣り
花瓶に挿す前に、ラッピングと切り口に巻かれている保水剤(※1)は取り外してください。清潔な良く切れるハサミやナイフで、茎の根元を斜めに2cmほど水切り(※2)してから、花瓶などに挿してお飾りください。花瓶の中で水に浸っている葉は腐りやすいので、水に触れないところまで取り除いてください。日々のお手入れは花瓶の水を入れ替えるだけでなく、花瓶もきれいにしましょう。特に花瓶の内側をしっかりと中性洗剤等できれいに洗浄し「ぬめり」を取ってください。水につかっていた部分の茎も流水で洗い流し、茎の下部1cm位を水切りしてください。夏場は、水が腐りやすいのでこまめに水替えをするようにしてください。
(※1)保水剤はジェル状のもの、紙状のものなどがあります。
(※2)水の中で茎を洗い、茎の先端をハサミやナイフで斜めに切ることです。
肥料
市販の切花延命剤(フラワーフード)などを使用してください。

この植物のよくある質問

  • 今度の10/4母の誕生日に花束をおくりたいのですが、どんな花にすればいいかわかりません。アドバイスをお願いします。

    最も多いのは好きな花を贈ることです。年の数に花の本数を合わせることもよいでしょう。花屋さんで相談すれば色々実情に合わせて相談にのってくれます。

お手入れのしおり TOPへ

ページの先頭へ戻る