おすすめ・新着特集

お手入れのしおり

ボタン

ボタン画像
名称
ボタン
分類
ボタン科
説明
原産地の中国から仏教とともに伝来したといわれています。日本での栽培履歴は1,000年以上もあり、鑑賞されてきた歴史が長いので様々な品種改良が重ねられました。シャクヤクとも比較される華麗な花姿で庭木の女王として人気があります。
置き場所
開花期に屋内で楽しむ場合以外は、なるべくベランダ等の屋外の日当たりのよい所で育てます。ただし、強い風があたる場所は避けましょう。梅雨時はむれないように注意して下さい。夏は日光が強いので1日中日が当たる所や強い西日がさす場所は避けます。
水遣り
根の張りが浅いので、表土が乾いたらたっぷり与えます。ただし、水はけが悪いと根腐れしますので注意して下さい。
肥料
3月に芽出のためと、花後にお礼肥え(開花のお礼という意味で、開花による株の消耗を補う肥料)として化成肥料などを与えます。

この植物のよくある質問

  • 牡丹を植えかえたいがその時期やどんな土、肥料を使ったらいいか?気を付けることを教えて下さい。

    ボタンは秋に植え替えるのがよいでしょう。土は排水のよい培養土を使います。大きな株ほど根はあまりいじらないようにした方がよいのです。土を軽く落とし、傷んでいる根を軽く切取る程度にしておきます。

  • 鉢植えで牡丹を育て初めて3年目なのですが、今年2つ程芽らしき物が出てきました。他の鉢へ間引いた方がいいのでしょうか?教えてください。

    牡丹はシャクヤクに接ぎ木します。出てきた芽がシャクヤクの芽ならば切り取っておきましょう。牡丹の芽ならばそのまま伸ばしておいてもよいのです。株分の必要はまだまだありません。

  • 牡丹を買ったのですが鉢が小さいのでひとまわり大きい鉢に今変えて良いですか?あと育て方も教えて下さい。

    牡丹はかなり根づまりにたえますので、すぐに植え替えは必要ないと思いますが、植え替えは根を傷めないようにそのまま植え付けるようにします。時期は花後に植えかえしましょう。排水のよい土で植え付け日当たりのよいところのおきましょう。花後に肥料を与えておきましょう。

  • 枯れるまで繁らせておいた葉が落ちたのですが、長く伸びてしまった茎は今切ってしまっても来年お花は咲くでしょうか?これからの手入れはどうすれば…?大分弱っているようです。よろしくお願い致します。

    ボタンは日当たりよく、排水のよい土地が適しています。ボタンは特に剪定しなくても木質化した部分以外は自然枯れるので、枯れた部分を切り取っておく程度でよいでしょう。枝を切ると来年のつぼみもなくなります。また移植を嫌いますのでなるべく動かさない方がよい植物です。

  • 牡丹はいつ頃咲く花なんでしょうか。花の咲く時期を教えて下さい!

    牡丹の通常の開花期は5月から6月にかけてです。その他に早春に開花する寒牡丹という品種もあります。

お手入れのしおり TOPへ

ページの先頭へ戻る