バレンタイン豆知識


ホームバレンタイン特集 > 本命・義理チョコレート

本命・義理チョコレート

バレンタインといえば、女の子が心に秘めた恋心を、チョコを渡すとともに告白する日です。
しかし、女性社員が職場の男性に、コミュニケーションの円滑化を目的として、チョコを配る文化も同時に形作られていきました。
バレンタインの【義理チョコ】の誕生です。【義理チョコ】=【恋愛感情を含まないチョコ】という定義です。 本来の意中の相手に贈るバレンタインチョコは、【義理チョコ】の誕生によって、【本命チョコ】と呼ばれるようになりました。   バレンタインの【本命チョコ】は【義理チョコ】ありきなのです。

男性側は、もらったチョコを【義理チョコ】と定義づけることで、ホワイトデーのお返しをしない・もしくは低予算で抑えるという選択肢を得ることができました。
女性側は、【義理チョコ】だからと伝えることで、相手に対して余計な誤解を与えないよう気をつけることができるようになりました。
ただ、【義理チョコ】誕生により、バレンタインは複雑な文化へと変貌を遂げていきました。 男性側は、【義理チョコ】をもらった相手が意中の異性であった場に本気でお返しすることで逆に思いを伝えることもありますし。
女性側も、意中の男性に恥ずかしくて【本命チョコ】が渡せないけど【義理チョコ】だといえば、上手くバレンタインチョコを贈ることができることにもなりました。

また、本命以外の男性も【バレンタインチョコ】がもらえるようになりました。 【義理チョコ】は、世の乙女達にとっても男性にとっても貴重な発明であったといえます。

最近では、2月14日に男性が女性にバレンタインチョコを贈る【逆チョコ】や女性が女性にバレンタインチョコを贈る【友チョコ】といわれる文化も誕生しております。

ページの先頭へ戻る
郵便局のネットショップ 季節イベント
バレンタインデー
ホワイトデー
子どもの日
母の日
父の日
お中元・夏のギフト
敬老の日
ハロウィン
お歳暮
クリスマス
おせち料理