バレンタイン豆知識


ホームバレンタイン特集 > バレンタインとチョコレート

バレンタインとチョコレート

【バレンタインとは】で、由来をお話いたしましたが、それでは何故チョコをプレゼントするのが一般的になったのでしょうか?

ご存じない方も居られるかもしれませんが、実は海外ではバレンタイン=チョコという風習はありません。 アメリカではバレンタインカードや花束を渡すのが一般的ですし、その他の国でもバレンタインデーに男性が女性にプレゼント(チョコとは限られない)を送ったり、レストランで食事をしたりと日本の風習(チョコ中心)とは異なります。

それでは、日本の「バレンタインデーに、女性が男性にチョコを上げる」という風習はどのように生まれたのでしょうか?

数説ございますが、元々は大手チョコレートメーカーのメリーチョコレートが商業戦略として始めたようです。
1958年(昭和33)にメリーチョコレートの原邦生氏(元社長)が考案し伊勢丹で始めたものの、 最初の年は3日間で3枚170円の売上に終わりました。 しかし、その後のチョコレートメーカーの宣伝活動の努力、日本人の言葉よりも行動(プレゼント)を好む性質、 後に「女性が男性に告白する」と意義付けられ女性誌が大々的に取り上げていったことが絡みあい、現在の風習が形造られたのです。現在バレンタインデーは、1年で最もチョコレートが売れる期間となっております。

ページの先頭へ戻る
郵便局のネットショップ 季節イベント
バレンタインデー
ホワイトデー
子どもの日
母の日
父の日
お中元・夏のギフト
敬老の日
ハロウィン
お歳暮
クリスマス
おせち料理