グッズストア

お中元の手渡し、ここに気を付けて!

お中元の手渡し、ここに気を付けて!

「日頃の感謝の気持ち」をお贈りするお中元。手渡しできるから直接伺おうという方もいるでしょう。伺う日は?何時ごろがベスト?お部屋に通されたらどのように渡せばいいの?など、今回は「手渡しするときの注意点」についてご紹介します。

先方の都合を伺う

まずお中元をお渡しすると決めたら、できるだけすぐに伺う日にちを決めるため、先方の都合を伺いましょう。電話でも構いませんが、目上の方や特にあらたまった場合、手紙で確認する方が良いでしょう。
ある程度日にちに余裕をもたせ、先方が伺っても困らない日にちを確認します。すでに贈り物を準備したあと日にちの確認をしたら、都合のつく日がお中元の時期を外れていた…ということもあります。その場合はのしの表書きを書き直さなくてはなりません。まずは伺う日にちを確認してから贈り物選びに入る方が無難だと言えます。

伺う時間にも配慮する

一般的に朝は忙しく、お昼時や夕飯の準備に入らなくてはならない夕方以降も避けたいものです。常識的な訪問時間としては、10時〜11時、14時〜16時辺りと言えます。日にちを確認する際併せて伺う時間についても触れておきましょう。

約束を守るのは人づきあいの基本。遅刻はご法度です。トラブルがあっても大丈夫なように、できるだけ時間に余裕をもって伺いましょう。万が一交通事情などでどうしても遅れてしまいそうな場合、電話で事情を説明し、到着しそうなおよその時間を伝えておきましょう。

余裕をもって着いたとしても、10分も20分も早く訪問するのは、先方にも迷惑がかかる可能性があります。先方は確認した時間に合わせて準備しているかもしれません。思いがけず早く到着してしまうと、先方の準備が間になくて慌ててしまうことも。少し時間がある場合は離れた場所で時間を調整し、2〜3分前、早くても5分程度前に訪問する気遣いも必要です。

和室へ通された場合

まず大前提として、玄関先で贈り物を渡すケースを除いて、正式なあいさつはお部屋に通していただいた後にします。玄関先では軽いあいさつに留めておくようにしましょう。
先方が和室へ通してくださる場合、まずは贈り物を下座に置き、座布団の横に正座します。和室は床の間が上座になっているので、床の間から遠い場所が下座。床の間がない場合も入り口に近い方が下座になります。

丁寧にあいさつをし、礼をします。その後正面を避けた状態で風呂敷から贈り物を取り出して(紙袋の場合も袋から出す)自分の正面に置き、まずは風呂敷(紙袋)をたたみます。たたんだ風呂敷は下座へ置きましょう。次に贈り物の正面が先方に向くよう方向転換します。口上(つまらないものですが、ほんの気持ちですが、など)を述べ両手で持ち上げて先方へ差し出します。決して畳の上をすらせないように注意しましょう。

洋室へ通された場合

洋室の場合はまず椅子へ座る前に贈り物を渡します。このとき和室のケースと同じように風呂敷や紙袋から贈り物を取り出し、贈り物の正面を先方に向けて渡します。また洋室の場合もテーブルをすらせて渡すのではなく、しっかり両手で持って差し出します。

風呂敷や紙袋は贈り物をほこりから守るもの。そのまま渡してしまうとほこりも一緒に渡すということになってしまいます。贈り物を手渡しするときは、必ず風呂敷や紙袋から取り出して渡してください。この作法は是非覚えておいてくださいね。
なおこの風呂敷や紙袋は持ち帰るのがマナーです。置き忘れのないように注意しましょう。

おもてなしを受けたら

贈り物をもって訪問すると、おもてなしをしてくれる方も多いはず。「感謝の気持ちを込めて贈り物をしたはずが、結構なおもてなしを受けてしまった」といった場合、そのお心遣いは快く受けましょう。大切なのは「丁寧に渡すことを心がける」ことと、「先方との時間を楽しむ」こと。せっかくのおもてなしも「結構です」と手をつけないで帰るのは逆に失礼にあたります。訪問のために準備していただいたおもてなしは、ありがたく受けてください。そして日を改めて感謝の気持ちを手紙にします。先方も「喜んでくれた」ことを嬉しく感じるはず。

一見難しそうに感じる日本の作法ですが、あまり堅苦しくなる必要はありません。念のため作法を覚えておくのがベターではありますが、基本は「感謝の気持ちを伝える」こと。作法を重んじるばかりに表情はこわばり、気持ちをきちんと伝えられなかった、なんてことは荒唐無稽です。いちばんは「相手を思いやる」ことだと覚えておきましょう。
先方との話に花を咲かせ、贈り物以上に価値のあるお中元の訪問にしてくださいね。

お中元の豆知識一覧

  • お中元とは
    お世話になっている方々に感謝の気持ちを伝えるために、お中元の由来や歴史などをわかりやすくご紹介いたします。
  • お返しはどうすればいい?
    お中元のようないただき物にお返しは必要なのでしょうか。一般的な「お中元のお返し」のマナーについてご紹介いたします。
  • かしこい選び方
    お世話になっているあの人に、お中元を贈ろうと思っても、いったい何を贈ればいいのでしょうか。お中元の選び方についてご紹介いたします。
  • ご贈答マナー
    ご贈答マナーをご存知ですか?今回は恥をかかないご贈答マナーについてご紹介いたします。
  • お中元の手渡し、
    ここに気を付けて!
    手渡しできるから直接伺おうという方もいるでしょう。様々な場合の「手渡しするときの注意点」についてご紹介いたします。
  • お中元の通販、
    利用しても問題ない?
    正式なマナーとしてお中元を通販で贈る場合はどうしたらよいのかご紹介いたします。
  • 売れ筋商品、
    人気ランキングは?
    たくさんの商品がありすぎて、お中元に何を選べばいいのか分からない。そんな方のために、お中元の売れ筋商品などをご紹介いたします。
  • お中元を贈る
    適切な時期とは
    お中元を贈る時期は地域によって異なります。お中元を贈る適切な時期をご紹介いたします。
  • 今さら聞けない!
    「のし」のこと
    「のし」にはそもそもどんな意味があるのか、ご存知ですか?知っているようでよく知らない、「のし」についてご紹介いたします。
  • お中元の適切な価格とは?
    いったいどれくらいの予算で贈り物を選べばいいのかわからない方も多いはず。お中元の適切な価格についてご紹介いたします。

お中元ギフト特集2019・夏ギフト TOPへ

ページの先頭へ戻る