おすすめ・新着特集

お中元ギフト特集2020・夏ギフト

お世話になった方々へ感謝の気持ちをこめて

商品券は贈っても大丈夫?お中元の気になるマナー

商品券は贈っても大丈夫?お中元の気になるマナー

目上の方に商品券を贈るのはマナー違反ではないかと心配する方も多いのではないでしょうか。しかし商品券は贈る相手によってはとても喜ばれるお中元です。
今回はお中元に商品券を贈りたい場合の注意点を解説します。

商品券は基本マナー違反

お中元を贈る際、選択肢の一つとして商品券が思い浮かぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか。
お中元はお世話になっている目上の方に贈るものなので、現金や商品券などは「お金に困っているのではないか」ということを連想させてしまうものとみなされ、基本的にマナー違反とされています。

相手によっては喜ばれる場合も

しかし、相手にお中元は商品券にしてほしいとお願いされた場合や、仲の良い親戚、知人などの場合はマナーを知らずに贈っていると誤解される心配は少ないです。
好みではないものをもらうよりも商品券であれば自由に好きなものを購入することができるという理由から、贈る相手によっては商品券はとても喜ばれるお中元です。

お台と一緒に贈る

それでもお中元で商品券を贈ることに躊躇があるという方は、お台と一緒に贈りましょう。
お台(お盆)というのは、商品券などを載せて贈る菓子折りなどのことを指します。
菓子折りのほかにもハンドクリームなどのプチギフトなどもおすすめです。
基本的なマナーを押さえて、相手の気持ちに沿ったお中元を選びましょう。

お中元の豆知識一覧

お中元ギフト特集2020・夏ギフト TOPへ戻る

ページの先頭へ戻る