おすすめ・新着特集

敬老の日ギフト特集2020

おじいちゃんとおばあちゃんに感謝の気持ちをこめて

敬老の日は何歳からお祝いすべき?

敬老の日は何歳からお祝いすべき?

最近では若々しいご年配の方が多くなりました。
敬老の日をお祝いしようとしても「まだ早いかな…」と迷ってしまうことも。
そこで、敬老の日をお祝いするのはいつからが良いのかを調べてみました。

世間での回答

敬老の日をお祝いする年齢はとくに決まってはいません。老人福祉法では65歳以上を高齢者としていますが、現代の60代はまだまだ若々しい方も多いため、70代を迎えてから敬老の日をお祝いするという方も増えているようです。また、年齢ではなく孫が誕生したらお祝いをするという家庭も多くなっています。

嫌がる場合は無理にお祝いしなくてもいい

敬老の日のお祝いをしても、人によっては「年寄り扱いされた」と捉えられてしまうことも。
お祝いをする際は、敬老の日ではなく年長者として相手を敬い、日頃の感謝を伝えることを意識すると良いかもしれません。

孫がお祝いをしたいと言い出したら?

お孫さんからのお祝いなら、受け入れやいということもあるようです。敬老の日が近づいたら、プレゼントの他にお孫さんが書いた手紙や似顔絵を準備するのもおすすめです。

ご年配の方へのお祝いは、年齢よりも日頃の感謝の気持ちを伝えることに重きを置いてみましょう。相手を思いやる気持ちを大切にして素敵なお祝いをしてくださいね。

敬老の日の豆知識一覧

敬老の日ギフト特集2020 TOPへ戻る

ページの先頭へ戻る