2018年 郵便局のネットショップ 父の日ギフト特集は終了いたしました。

郵便局のネットショップの父の日ギフト特集では、父の日カードやメッセージシール付のギフトをはじめ、グルメ、スイーツ、ネクタイ等のファッション小物やこだわりの酒器、雑貨など、豊富なラインナップでご紹介しておりました。

父の日豆知識


  1. 郵便局のネットショップTOP
  2. 父の日ギフト特集
  3. 父の日とは

父の日とは

父の日とは、いつも頑張っているお父さんに感謝する日。6月の第3日曜日とされています。

母の日と父の日は、どちらが先に出来たかご存じですか?実は、母の日が先だと言われています。
父の日の成り立ちは、20世紀初め1909年にアメリカのワシントン州でジョン·ブルース·ドット夫人が、
「母の日の様に父の日も作って欲しい」と教会に懇願したのが始まりだったとされています。

彼女は6人兄弟でしたが、彼女の父親は子どもたちと妻を残し、南北戦争に招集されてしまいました。
その間、彼女のお母さんが6人の子どもたちを働きながら育てていました。
しかし過労がたたり、他界してしまいます。
彼女のお父さんは戦後、男手一つで6人の子どもたちを成人させた後、この世を去ったそうです。

ドット夫人は、そんな父親への感謝から、「母に感謝する母の日があるなら、父に感謝する父の日もあって
よいのでは。」と、父親を尊敬し感謝する日として父の日の確立を望みました。
やがて、父の日は全米で広まり26年にはNational Father’s Day Committee(全米父の日教会)が
ニューヨークで結成されました。72年には、ドット夫人の父親の産まれた6月の第3日曜日が「父の日」とされ国民の休日になったということです。

母の日といえばカーネーションが贈られますが、父の日はバラが贈られることが多いようです。

この父の日にバラを贈る風習は、ドット夫人が父の墓前に白いバラを供えたことに由来していると言われています。

父の日ギフト特集 >

ページの先頭へ戻る