こどもの日 豆知識


ホームこどもの日特集 > こどもの日とは?

こどもの日とは?

日本では祝日の一つとして認知されているこどもの日ですが、ゴールデンウィーク中に訪れることもあり祝日としてはどういった由来のものなのか知らない方も多いのではないでしょうか。こどもの日とは5月5日に制定された国民の祝日ですが、別の意味合いとして端午の節句ともいわれてきました。

端午の節句とは中国から伝わった厄払いの一つでもあります。こどもが無事に成長できるように、勝負事に強くなりますようにと願いを込めて行われていた厄払いの行事が、少しずつ形をかえて現代でも引き継がれています。また端午の節句が男の子のお祝いとされている由来は武家時代にさかのぼります。厄払いの際飾りに使われていた菖蒲という薬草が日本では「勝負」と同じ読みから掛け合わせて、勝負に強くなれますようにと男の子の行事に変化していったそうです。

日本では1948年に制定された国民の祝日ですが「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する」ことが趣旨であるとされています。

ページの先頭へ戻る
郵便局のネットショップ 季節イベント
バレンタインデー
ホワイトデー
子どもの日
母の日
父の日
お中元・夏のギフト
敬老の日
ハロウィン
お歳暮
クリスマス
おせち料理