痔疾(ぢ)

PC版

PC版

痔疾(ぢ)

日本人のおよそ3人に1人、特に20代30代に多くなっています。男性に多いイメージですが、性差はほとんどありません。決して特別な病気ではないのです。早期に対策することで痛みや出血などを最小限に抑えることができる反面、対応が遅れて悪化した場合には医療機関の受診が必要になります。

外側の痛み

外側のいぼ痔、裂肛(切れ痔)などが代表的です。痛みや出血も伴います。軟膏を使用することで傷んだ患部の修復を進めたり痛みを和らげます。また軟膏を塗布することで摩擦が少なくなり、これにより痛みが軽減します。

内側の痛み

痔核が肛門よりも内側にあるタイプで、悪化してくると激しい痛みや出血を伴います。治療には主に座薬や注入軟膏が用いられますが、改善が見られないようであれば早めに医療機関を受診しましょう。

内服薬など

坐薬や軟膏の効果を助ける内服薬や、痔の再発や悪化を防ぐアイテムなどを紹介します。