むくみ

PC版

PC版

むくみ

むくみ(浮腫)は血管の水分が血管外の細胞間に溢れ出して腫れる現象です。むくみは内臓疾患(心臓、肝臓、腎臓など)のサインであることも多いため、これらの可能性が疑われる場合には早期に医師の診察を受ける必要があります。
内臓疾患によらないむくみは水分・塩分の摂りすぎや長時間同じ姿勢でいることなどで、これらの原因によるむくみは個人で対処すれば問題ありません。医療用医薬品では利尿剤がおおく使用されますが、一般用医薬品には利尿剤が存在しないため漢方薬や強心剤、食品としてのお茶の利尿効果を利用するなどの対処になります。

内服薬

主に体内の水分バランスを整える効果がある漢方処方や生薬由来の製剤です。とくに漢方処方は使う人の体質や基礎疾患によって効果が劇的に変わったり、基礎疾患に対して逆効果になることもあるので注意が必要です。心筋の働きを助けることで血流を促進し、これによってむくみを解消する製剤もあります。

お茶、健康食品など 1

欧米で使用されているハーブや利尿作用があるといわれている成分の食品と、利尿作用が期待できるお茶です。

お茶、健康食品など 2

ストッキングなど

むくみ対策シート